住職日記

「長谷寺の住職は現在35世代目。歴史ある寺を守ること、そこから仏教を発信すること、そこが地域に開かれた場となること。課題も夢も山積み。そんな住職の日々と思いをつづります。」

魂が帰ってくるお盆

|

メリカ新大陸の開拓時代のお話です。


ヨーロッパの白人たちがアメリカ大陸に新天地を求めて続々と渡ってきました。


ヨーロッパの人々は競って土地を求めていました。


当時、土地勘のない白人たちは、インディアン(ネイティブ・アメリカン)を道案内のガイドに雇いました。


ある白人たちが、馬車を仕立てて西部の土地を目指して旅を急いでいました。


一刻も早く良い土地を自分のものにしたいと、彼らはインディアンたちを急かせて毎日馬車を走らせました。


昼夜に休むことのない大急ぎの旅です。


ところが、あるところまで来たら、インディアンたちはピタリと馬車を止めてしまい、馬を休ませ焚火を起こして休んでしまいました。


先を急ぐ白人たちははじめ奇異に思いましたが、いつまでたっても動こうとしないので、ついに腹を立て、立て、走れ、と命じます。


しかしインディアンたちは座ったまま。とうとう鉄砲まで使って脅かしますが、彼らはたき火を囲んだままじっと座っています。


白人たちは困り果ててインディアンに尋ねました。


「いったい、どうして動こうとしないのか。我々は急いでいるのだ」。


すると、インディアンの一人がこう答えたそうです。


「旦那さんたちの気持ちはよく分かる。

しかし、旦那さんたちがあんまり急かすものだから、急ぎすぎて魂を置いてきてしまった。

もうじきわしらの魂が追いつくから、それまで少しだけ待ってくれ」。


白人たちは、その言葉を聞いて、何か思い当たることがあったのでしょう。


鉄砲をしまい、インディアンたちと一緒にたき火を囲んで腰を下ろしました。


そして一緒に、彼らの魂が追いつくのを待っていたそうです。



この忙しい現代社会を生きる私たちの魂はどうでしょう。


どこかに置いてきてしまってはいないでしょうか。


ご先祖の魂がお帰りになるお盆。


じっと腰を下ろして、私たちの魂が追いつくのを待ってみませんか。


3f746b9d2f335094e2e458372ca9858c_t.jpeg

人の体と心を癒し、生きる力を与える薬師如来の詩です。


じっくり味わいください。


-----


祈り

          山尾三省


南無浄瑠璃光 

海の薬師如来

われらの 病んだ身心を 癒したまえ

その深い 青の呼吸で 癒したまえ


DSC_1083.JPG

 

南無浄瑠璃光 

山の薬師如来

われらの 病んだ欲望を 癒したまえ

その深い 青の呼吸で 癒したまえ


EBP10-39902A.jpg

 

南無浄瑠璃光 

川の薬師如来

われらの 病んだ眠りを 癒したまえ

その深いせせらぎの音に 安らかな枕を戻したまえ


accfb1e81b0df4b3efd08421f0b73b03-1280x853.jpg

 

南無浄瑠璃光 

われら 人の内なる薬師如来

われらの 病んだ科学を 癒したまえ

科学をして すべての生命に奉仕する 手だてとなしたまえ


aka.jpg

 

南無浄瑠璃光 

樹木の薬師如来

われらの 沈み悲しむ心を 祝わしたまえ

樹ち尽くす その青の姿に

われらもまた 深く樹ち尽くすことと 学ばせたまえ


20110912_0947_26_0690w882_h662.jpg

 

南無浄瑠璃光 

風の薬師如来

われらの閉じた呼吸を 解き放ちたまえ

大いなる その青の道すじに 解き放ちたまえ

 

publicdomainq-0015293vya.jpg


南無浄瑠璃光 

虚空なる薬師如来

われらの乱れ恐れる心を 溶かし去りたまえ

その大いなる 青の透明に 溶かし去りたまえ


DSC_0769.JPG

 

南無浄瑠璃光 

大地の薬師如来

われらの病んだ文明社会を 癒したまえ

多様なる 大地なる花々において

単相なる われらの文明社会を 潤したまえ


c0072970_2340530.jpg

 

Om  huru huru  Candari  matangi  Svaha

オーム フルフル チャリンダー

マートンギー スヴァーハー


DSC_0246.JPG

疫病退散 写経のすすめ 

|

写経(延命十句観音経)のすすめ

阿弥陀.jpg

※添付ファイルは下部にあります

 

新型コロナウィルスの感染拡大の折、皆々さまには、お互いに大きな不安と様々な困難に直面されておられることと、心よりお見舞い申し上げます。

 

私たち一人ひとりにとっても、私たちの国や社会にとっても、また人類にとっても大きな試練の時です。

しかしこの試練は、私たち一人ひとりが、当事者として責任ある行動をとることで、感染の拡大をとどめ、被害小さくしていくことができるとされます。

急速に感染が広がる「いま」、私たちが家にいることで、誰かの命を救うことになると専門家は訴えています。

外に出ないでいることは自分の身を守り、かつまた他者や社会を守ることにつながります。

これはまさに「自利と利他」がひとつになった観音さまの行い、菩薩の徳行の実践でもあります。

 

奈良時代から、こうした疫病に苦しむとき、仏典の写経が行われてまいりました。平安時代の初めに疫病が流行した折にも、弘法大師にすすめにより嵯峨天皇が般若心経の写経をするやたちまちに効験があって、病が静まったと伝えられています。

 

自宅で過ごすことが多くなりますので、この時間に、皆さまにもお写経をしてともに新型コロナウィルスの早期鎮静化を祈りましょう。

自分が感染しないことはもとより、今感染している方々の平癒と、医療現場で奮闘されている医療従事者や、その他にも感染阻止のために尽力されている数えきれない方々の健康と安全を祈りましょう。

以下より、延命十句観音経の写経用紙をダウンロードしてください。

筆ペンやサインペンでも結構です。

沈静化するまで、祈りを込めて、何巻でもお写経しましょう。

書き終えた写経は、状況が落ち着いたら、長谷寺や、お近くの寺社仏閣に奉納しましょう。


IMG_2511.JPG

 

写経の作法

1.     写経のこころ

    写経はお経を一文字ずつ丁寧に写すことで、仏さまの功徳をいただきます。

    お経の文字一つ一つが仏さまそのものとも言われています。

    写経をすることによって、ご自身のありのままの心をみつめ、安らぎのひとときを感じることができます。

    日常を離れた心静かな時間は、あなたの心を豊かにしてくれるでしょう。

    自身の祈願やご先祖様の供養のためにも、写経は大切な修行であるといえます。

IMG_2513.JPG

2.     お作法

    手洗い、うがいなど身心を清めます。

    写経しやすい姿勢で座りましょう。腰骨をたてましょう。

    ゆったりと呼吸を調えて身心をリラックスしましょう。

    気持ちが落ち着いたら、手を合わせましょう。

    十句観音経を唱えましょう。

    静かに筆(筆ペン、サインペンなども可)をとり、一字一字なぞりましょう。

    無理のない速さですすめます。決して急ぎません。

    書き終えたら、静かに筆をおきましょう。

    ご自身の写経を静かに最初から見つめましょう。

    終わりに手を合わせ願いをこめて仏前や自分で決めた清らかな場所に納めましょう。

 

3.     十句観音経のダウンロード(A4サイズ・pdf

大師.jpg

※写経後半の法号が弘法大師・阿弥陀如来・釈迦如来と3種類あります。ご希望のものをお選びください。

    弘法大師    「南無大師遍照金剛」 十句観音経 南無大師遍照金剛.pdf

    阿弥陀如来 「南無阿弥陀仏」    十句観音経 南無阿弥陀仏.pdf 

    釈迦如来    「南無釈迦牟尼仏」     十句観音経 南無釈迦牟尼仏.pdf

    写仏          観音菩薩の写仏用紙です。写仏.pdf

    作法          簡単な作法の紹介と十句観音経の意訳 作法.pdf

 

追記

このコロナウィルスの危機は、まずは互いの行動と、ワクチンなどの医療によって乗り越えるよう努力するとともに、人生にとって何が大切であるかの「気づき」や「学び」の時ともなり、人として成長、成熟する機会にしていかなければならないと思います。

お釈迦さまが、人生の「苦」と気づくことが、その苦難から解脱する道であると示されたように、私たちも今回の苦難を大切な「気づきの時」にしなくてはならないと思います。

近年の恐るべき感染症の問題は、経済発展にともなう破壊的な開発に由来すると心ある学者たちによって以前から指摘されています。飽くなき「発展」ばかりを追求してきた私たちが、その発展の陰で、これまで為せずしておいた多くのことに目を向ける時なのではないでしょうか。

しっかりと目を向けること、そして為さざるままきた為すべきことを為すこと。それは、この地球の中で生かされている多くの命のひとつとして生きていくことができる人類になっていくための、避けられないイニシエーション(通過儀礼)なのだと思います。

アフターコロナ、ウィズコロナとすでに未来に心を向ける言葉もあります。

まずは外出を控え、手洗いうがいをして、心静かに過ごしましょう。

そんな時間のひと時に、このお写経の時間をお持ちいただければ幸いです。

長谷寺 住職 合掌

お寺を上空から

|
信越放送(SBC)に、長野県各地をドローンで撮影して紹介する番組があります。

 先ごろ、長野市を紹介する企画の中で、長谷寺の様子が放映されました。 

こうした上空からの映像はなかなか見ることができませんので、とても新鮮です。 

 ぜひご覧ください。


 

行事のお休みのお知らせ

|
ご案内.jpg

中村 哲さんを送る会のご案内

|

ご案内

中村 哲さんを送る会

中村医師を送る会.jpg

■期日 2020 2月1日(土)
■時間 13時30分開場 14:00開始  
■会場 長谷寺 庫裏(長野市篠ノ井塩崎878)
■内容 送る会・ビデオ上映会 
■参加費:献花・資料代として1000円

*お花代や実費を差し引いた残金は、すべてペシャワール会へ寄付させていただきます。
*駐車場に限りがありますので乗り合わせでお越しください。
*平服でお越しください。

 

2月2日(日)
中村 哲さん 写真展 
10:00~16:00 無料



新しい年の願い

|

和顔施

 

 あなたの

 

 やわらかくなごやかな顔は

 

 わたしの心を

 

 和らげ和やかにしてくれる

 

 そこに観音さまがいる


IMG_7548.jpeg


みなさま、明けましておめでとうございます。


旧年中は何かとお世話になりました。


本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

昨年は台風により私たちの故郷も大きな被害を受けました。


被災された皆さまには心よりお見舞いを申し上げます。


日々に復興を祈念し、皆さまの平安をお祈りしております。

 

今年は「和やかな顔を施す(和顔施)」という仏の願いを「私の願い」として、家族や友人やご縁のある人に接しましょう。


世の中が悪い、政治が悪いとムスッとしているより、ひとまず微笑みましょう。


あなたが微笑めば、それだけ世界に喜びと光がもたらされます。


せっかくの人生です。


せっかくの今日です。


せっかくの今です。


せっかくいただいた命です。


世界と今と命を分けあう家族や友人に、和やかなお顔を差し上げましょう。


そこに観音さまがおいでです。


長谷寺住職 合掌



冬至の頃の贈り物 

|

冬至の頃の贈り物 

 

その昔、中国では冬至を太陽運行の起点と考え尊い日として祝いました。

古代中国の皇帝は、その天の運行を司る能力を天命によって授かるものであり、その神聖な力に則って暦を作りました。

周辺の朝貢国は、冬至の頃に「冬至使」という使者を送り皇帝に貢物を献上しましたが、この時の返礼の品として、何にもまして最も重要だったのが暦だったのです。

農耕を中心に生きる人々にとって、正しい暦は生死を分ける道標ですから、周辺の国々はこぞって暦を求め冬至使を送ったといいます。

冬至は、暦の起点として神聖なばかりでなく、日照時間が短くなり最も弱まった太陽が、その日を極として再生してくる日でもあり、太古から天地の運行に従って生きてきた人類にとっては特別神聖な日だったのです。

世界各地に冬至の頃に聖者が訪ねてきて贈り物を届ける話が伝えられています。

日本にはこの時期に弘法大師が贈り物を届けてくれる伝承がありますし、西洋ではイエス=キリストという最大の贈り物が神様から届けられるのがこの冬至の季節ですね。

聖者が贈り物をくださったり、世界に愛をもたらすイエスの誕生がこの季節とされたりするのは、太陽の力が蘇えり天地が命に恵み(慈愛)を与えてくれることを強く実感できるからなのでしょう。

この一年は便利さや効率重視のライフスタイルを見直す機運が高まり、自然との共生が叫ばれました。

しかし自然の厳しさを思えば、共生というより自然の中に生きる存在として、人間や自分自身を見直す必要があります。

今年の冬至には、改めて暦を見直してみてはいかがでしょうか。

きっと天地から与えられる慈愛が感じられますよ。

初詣・厄除大祭のご案内

|

皆さまのお参りをお待ちしております。


ポスター2020.jpg
案内.jpg

長谷寺、秋から初冬へ

|

信州の里の紅葉も進んでまいりました。

 

長谷寺の境内も、その周辺も、いよいよ錦秋の葉が風に舞っています。

 

先日、檀家さんがドローンで観音堂を中心に撮影してくださいました。

 

深まりゆく秋、そして木枯らしとともに近づく冬。

 

そんな移ろう季節に、小春日和の一日の穏やかな光。

 

空からの長谷観音をご覧ください。




もっと大変な人がいます

|

このたびの台風19号により、私の暮らしている長野市にもにも、おとなりの千曲市にも、また長野県全体にも大きな被害がありました。

千曲川流域の被害だけでも5000棟を越える家屋が浸水の被害に遭いました。

赤く色づいて収穫を迎えるりんごは全滅し、刈り取られたばかりの大量のお米も流されました。

東京ディズニーランドの30倍となる1500ヘクタールが濁流に襲われました。

寺の檀家さん信者さんのお宅にも床上、床下浸水が多数発生し、家財の多くを失った方も少なくありません。

私どもの寺には被害がなかったものの、日頃寺を支えてくださる檀信徒さんの暮らしが壊れてしまったのです。

さっそく総代さんたちにはかり、菩提寺を共にする仲間の応援に行く計画を立て、寺役員や有志30人ほどでいくつかのチームに分かれて、家や庭に流れ込んだ大量の泥出しや、だめになってしまった家財道具や畳を搬出する作業をしに行きました。

IMG_7015.JPEG

家族にとっての大切な思い出の品も、仏壇も、水と泥によって流され、壊されていました。

地域で守る墓地も根こそぎ倒されていました。

そんな中、寺の総代さんや役員さんたちは、被災した檀家の家々を回り、精一杯の作業をして檀家仲間の応援をしました。

この災難の中、さまざまな縁によって、みんなが助け合っています。


また私は妻とともに浸水被害に遭った檀家さんのお宅一軒一軒にお見舞いに伺いました。

被害の様はそれぞれですが、日常が崩れ去ってしまった事実を知るには十分な惨状です。

片づけや復旧の作業に追われるご家族に、声をかけるのもはばかれる思いでしたが、お見舞いの声をかけると作業の手を休めてそれぞれの被災の実情を話してくださいました。

話すことが少しでも気休めになればと願うばかりでしたが、驚かされたのは「うちも大変だけど、私たちよりもっと大変な人がいるから、何とか頑張ります」と話されることでした。


「もっと大変な人がいます」。


この言葉を何度聞いたことでしょう。

この言葉は、どこから来るのでしょう。

苦難にある人が自分を励ます言葉なのでしょうか。

災害の多い国で生きる人々の言葉なのでしょうか。

この言葉を胸に、前を向いて歩もうとしています。

奈良 明日香村 岡本寺さま「はがき説法」より

台風19号

|
この度の台風19号による被害を受けられた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。


早々に、お寺の様子を心配して、お見舞いくださった多くの皆さまには、誠に有り難うございます。


幸いにして、寺には被害はありませんが、当山長谷寺のある長野市篠ノ井塩崎地区におきましても、千曲川の越水に伴う家屋の浸水被害が多数発生し、檀信徒の御家族を始め、多くの方が被災し、大変なご苦労の中にあります。


また長野市、またお隣の千曲市、さらに千曲川流域の地域で広く水害が発生し、5000棟以上のお宅が被災されました。


お寺には被害が発生しませんでしたが、いつもお寺を守ってくださる地域の皆さまが被災したということは、お寺が被災したことと同じこととうけとめ、少しでもお力になれることをしております。


ボランティアをはじめ、さまざまな形でのお力添えなくしては、被災した皆さまの暮らしの再建は出来ないものと思います。


この度の台風災害は誠に広域に及び、国も各地の行政も長い時間をかけた復興事業になると思いますが、多くの皆さまのお力添えを、長野県の被災地にもお寄せいただきますようお願い申し上げます。


新しい画像.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

摘むか、注ぐか

|

花を可愛がる人は、咲いている花を摘んで飾る。

花を愛する人は、咲いている花に毎日水を注ぐ。

子育ての話の中で、ある先生がこんな言葉を紹介しながら、「可愛がる」と「愛する」の違いについて教えてくれました。

現代人は、この二つを混同しているのではないか、という問いかけでした。

いただいたお花を枯らしてしまうことが多い私にはなんとも耳の痛い言葉で、思えば、私の子育てはどうだったろう? 

種から花を咲かせるまで根気よく水遣りをしたり、土づくりや環境を調えるよう心を配ったりしただろうか。

要するに、毎日毎日、心を使ってきただろうか。。。

子育てばかりではありません。

友人との関係や、仕事のお付き合い、地域の人との輪の中でも、そこに時間をかけて、根気よく、しっかり見つめながら水を注ぐようにして、ご縁を育んできただろうか。

摘んできた花々が咲くまでの時間を知らず、その花が開く仕組みも、その根っこの姿も知らないのに、自分は花を愛していると勘違いしてしまう。

昔から花盗人が非難されるのは、「毎日水を注ぐ」という生き方へのあまりの敬意の無さのゆえでしょう。

毎日水を注ぐ心は、その花はもちろんですが、その種に始まり、命の芽吹きから生長と開花、そして衰えや枯死までを含めた全体に注がれているのでしょう。

そのようにして花との関係を深める人は、家族や友人やものや世界とのつながりも丁寧に育んで、やがては、花の咲き散りの喜びや悲しみを知るように、より深く人生を生きるのだと思います。

時の流れの早さ、老の早さに戦慄する時、人は(私は)焦って何かしたくなり、慌てて花を摘んで飾ることでそれを可愛がり、心を満たしたくなるものですが、そんな時こそ、摘み取る手を止めて、ひと手間ひと手間を惜しむことなく、水を汲み、その根元まで水を運び、そっと注ぐ。

それを毎日毎日、続けていく。花にも、家族にも、友にも、地域にも、その繰り返され注がれた手間の分だけ、私の人生にも水が注がれると思って。

そのようにしてしか決して咲かない花が、人生にはあるのではないでしょうか。

明日香村 岡本寺 はがき説法 寄稿


時を越えた美しさの秘密

 

 

悲惨な事件、気の毒な出来事が続く。

防ぐことは出来なかったのかと、みんな考えていると思います。

残酷な行動に出てしまった人も、そのような行動をするどこか手前で、

「助けて」と言える場面があったならば、と、、、。


namoda.jpgのサムネール画像

 

女優のオードリー・ヘップバーンが大切にしたという詩の一説を思い出します。

-------

人生に迷い、助けて欲しいとき、いつもあなたの手のちょっと先に

助けてくれる手がさしのべられていることを、忘れないで下さい。

年をとると、人は自分にふたつの手があることに気づきます。

ひとつの手は、自分自身を助けるため、

もうひとつの手は他者を助けるために。

-------

サム・レヴェンソン Sam Levenson

米国の作家 教師 ジャーナリスト 19111980

 

お互いに少しずつそうやって、「助けて」と、言いやすい世の中にできたら。

大きなことは出来なくても、自分に出来る小さなことを、私の「手」で、ちょっとだけ。

「で」の人

|

「で」の人

 

以前、本山の僧堂で指導をしていた時、T君という修行僧がいました。

彼は寺院後継者ではなく、30歳を過ぎて発心し、仕事を辞めて道場にやってまいりました。

彼はひと言でいうと不器用でした。


IMG_4372.JPG


お経も、人と話すのも、何をやっても不器用で、その様子は何でもスマートにこなす今時の若い修行僧たちの失笑を買うのでした。


修行僧たちの大半は寺の子です。

「今時の」とは言え、まったくの初心者ではなく、修行も学門もスムースです。

これに対してT君はぎこちなく、スムースには程遠いのでした。


ある時、そんな彼を心配し僧房を訪ねました。

修行僧の小さな個室です。

私は「修行は辛くないか」と率直に尋ねました。

すると彼は不思議そうな顔をして「毎日充実しています」とドモリながら応えました。

その顔は「人生でこんなに楽しい日々はない」という輝きなのでした.

私は驚き、そして気づかされました。

彼は少しも困ってないし、苦しんでいないのです。

仏道生活、その教えに従って暮らすことが楽しくて嬉しくて仕方がないと言うのです。

見れば、彼の部屋は清らかに整頓されていました。

自ら写仏した本尊をおまつりし、水と花を供え、何巻もの写経が供えられていました。

壁には釈尊や弘法大師の言葉が掲げられ、部屋は仏さまで満ちていました。


寺の跡取りである若者の多くは、本山での修行を資格取得のためととらえていて、仏教の学門もその延長で考えています。

彼らにとって仏教は、いわば職業上必要な知識なのです。

しかしT君は違いました。

多くの僧侶が資格取得のために仏教「を」学ぶのですが、T君は仏教「で」自分自身を、人生を学び、生きているのでした。

彼は卒業までずっと不器用でしたが、いつの間にか彼を笑うものはなくなりました。


あれから時が流れ、多くの仲間が寺を継いでいる今、彼は社会に戻り働いています。

不器用さは相変わらずでしょう。

でも、きっとT君は今も仏教「で」人生を歩んでいるに違いありません。

「を」ではなく「で」の人。


僧堂での不器用なT君の姿を思い出すと、懐かしさとともに、大事なことが蘇ってまいります。

2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ