住職日記

「長谷寺の住職は現在35世代目。歴史ある寺を守ること、そこから仏教を発信すること、そこが地域に開かれた場となること。課題も夢も山積み。そんな住職の日々と思いをつづります。」

2009年9月アーカイブ

お豆腐屋さん

| | コメント(3)

地元に一軒のお豆腐屋さんがある。

私が子どもの頃、そのオジサンが自転車だったか、カブだったかをノロノロと運転しながら、例のラッパを吹き吹きあちこち御用聞きをしていた。

寺の施餓鬼には欠かせない食材で、手作りの味わいがあり、素朴で、何と言うが「コシ」があった。

ある時、学校の帰りに豆腐屋のおじさんのラッパを聴きつけ、みんなでおじさんが商売をしているところには走っていった。

私の仲良しのいたずらっ子が、大きな声でおじさんに尋ねた。

「おっちゃんも、豆腐食うだ?」(「~だ」はこの地域の用法で疑問や独り言などに多用される。例:「どこ行くだ?」「さて、畑行くだ」)

ちょっと、悪ガキらしい意地悪な聞き方であった。

すると、豆腐屋のおじさんは、驚くような大きな声できっぱりと言った。

 

新月、祈りの夜

| | コメント(2)

新月の夜、祈りを歌い、歌い祈る手作りのライブが行われました。

新月は祈りの夜。

この夜に捧げた祈りは叶うといわれます。

200909192200001.jpg

宇多田ヒカル

| | コメント(2)

宇多田ヒカルさんのブログに、長野の西方寺でコンサートをしたチベット人ミュージシャンのテチュンさんのことが!

本物は本物を知る。

もっとも、テチュンさんの音楽家としてのこれまでの活動実績からすると、そんなに驚くことじゃないのですよね。

でも、テチュンさんの活動を支え、日本公演を実現したスタッフの皆さんにとっては、とっても嬉しいことでした。

いつか、宇多田さんとテチュンさんが一緒のステージに立ったらいいですね。

で、その宇多田も惚れたテチュンさんの大阪公演の詳細はこちら

で、その宇多田も惚れた歌声と音楽世界を味わいたい方はこちら

長谷寺とご縁のあるアーティスト、DIKA OMKA(ディーカオンカ)によるスピリチュアル・ナイトのお知らせ。

dika omka.jpgのサムネール画像

DIKA OMKAは、

「魂の吟遊詩人・宗純」と

恵みのmessage・空色カミュ」の

2人によって結成されたSOUL UNIT。

世界を旅し、旅の途上で出会った人々や自然との、魂の共鳴を、

時には歌い、時には踊る2人。

最近、いろんな場面で使われる「戦略的云々」という言葉。

これって、どうなんでしょう。こういう表現でしか、伝えられないものなのかな?

例えば、私たちの真言宗智山派には教化部という仏教の教えを世に広めるための専門部署がありますが、そこに「仏法布教戦略局」という看板を掲げるとすると、やはりなんか違うぞ、という気がする。

「戦略」という言葉は、英語のStrategyからきているらしいが、この言葉を訳せば戦略というより「方策」という言葉になるべきで、攻撃的、戦闘的ニュアンスは本来含んでいないものだと思われる。

戦略的、と言うと、仮想であれ何であれ、敵対的な存在が想定されている。

 

息が白い・・・

| | コメント(2)

二十四節気では白露節、七十二候だと草露白になり、今朝は御堂の屋根にも朝露が乗っていた。

鐘つき堂から朝日を眺めていると、千曲市の森の辺りは朝靄がかかっている。

裸足の足が肌寒く感じ、ふと気がつくと息が白い。

「ああ、秋だなあ」と思わず呟いた。

いつものように、本堂裏山の倒木や枯れ枝の片付けに来てくれている小山さんが、上のほうから声をかけてきた。

「おはよぉ、さむいなぁ」

笑いながら、大きな篭を背負い降りてくる。背負い籠には枯れた枝や切った枝が一杯に入っている。

西洋人は美しい

|

森鴎外が、

西洋人を美しいと思うことが、爾後百年日本を苦しめることになるでしょう

と呟いた。

日本だけではなく、韓国や中国やアジア全体が苦しんでいる。

尊敬するお坊さんのブログにこんな言葉があった。

『ヨーロッパ(西洋)から想を得た国家・制度・社会を作り上げて、ヨーロッパに貢ぐことはやめようではないか。もし人類の少しでも前進することを望むなら、もしヨーロッパの表明した人類の水準とは異なった水準に人類を押し上げようと望むなら、そのときは創造せねばならぬ、発見せねばならぬ。ヨーロッパのため、われわれのため、人類のために、同志たちよ、われわれの脱皮が必要だ、新たな思想を発展させ、新たな人間を立ち上がらせようと試みることが必要だ。』

(『地に呪われたる者』)

実に考えさせられる言葉に違いない。

長谷観音 篠笛ライブ

|

篠笛奏者、村山二朗さんの「お月見ライブ」が行われました。

虫の音の響く庭で、篠笛とギター、そしてパーカッションの演奏を堪能しました。

途中で、大欅に住み着いているモモンガが、笛の音に反応してわめいていました。

力みのない、演奏者も、ご来場の皆さまも、とてもリラックスした中で、満ちたりた時間を共にすることが出来ました。

「また来年も」という声がたくさんあって嬉しかったです。

 

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ