住職日記

「長谷寺の住職は現在35世代目。歴史ある寺を守ること、そこから仏教を発信すること、そこが地域に開かれた場となること。課題も夢も山積み。そんな住職の日々と思いをつづります。」

新月、祈りの夜

| | コメント(2)

新月の夜、祈りを歌い、歌い祈る手作りのライブが行われました。

新月は祈りの夜。

この夜に捧げた祈りは叶うといわれます。

200909192200001.jpg

ディーカオンカの2人の歌声は、不思議な響きを持っています。

何かが解放されている声と言えばよいのでしょうか。

般若心経のマントラからインスパイヤされた「光」の歌は特に印象深いものです。

祈り、いのち、魂。

根源的な事柄を探し求める旅人のような2人の世界。

たくさんの人に2人の音楽と出会ってほしいと思いました。

200909192200000.jpg

カテゴリ

,

コメント(2)

本当に素敵な新月の夜でした。
ご協力いただき、本当にありがとうございます!

祈り そして いのち 魂。
人として
この世に生きるとき
私たちはその大切な何かに気がつくための旅の中に
いるように思います。
それが、私たちの歌に 現われているのかもしれませんね。
慶澄さんの瞑想ガイダンス、般若心経のマントラについての
お話、とても素敵でした。
ありがとうございました!

長谷寺 :

空色カミュさま

よい夜になりましたね。

霊性を大切にする文化は、これからますます大切になると思います。

でも、ますます難しくもなるでしょう。

アートが果たす役割はいよいよ大きくなっていきますね。

ご活躍をお祈りしています。

コメントする

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ