住職日記

「長谷寺の住職は現在35世代目。歴史ある寺を守ること、そこから仏教を発信すること、そこが地域に開かれた場となること。課題も夢も山積み。そんな住職の日々と思いをつづります。」

南無

|

こんなうたを詠んだ人がある。

 

  南無とする

  南無ともならぬ此の世ゆえ

  南無とかせねば

  南無ともならぬ

 

戯れ歌、ではない。

南無、といいながら、かたっ苦しくもない。

 

間もなく、小雪の候。

風はにわかに冷たくなってきた。

庫裏の玄関の前にあるモミジが赤々と染まり、朝日に照り映えて白壁が赤く染まるほどだ。

でも、明日には散っていくことだろう。

朝、鐘撞き堂に立つと、ついこの間まで視界を遮っていたケヤキや桜の葉が散ったせいで、木々が透けて視界が広くなっている。

きっと鐘の音も遠くまで聞こえることだろう。

 

 

 

カテゴリ

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ