住職日記

「長谷寺の住職は現在35世代目。歴史ある寺を守ること、そこから仏教を発信すること、そこが地域に開かれた場となること。課題も夢も山積み。そんな住職の日々と思いをつづります。」

もうじきたべられるぼく

| | コメント(1)

宮崎の口蹄疫の感染被害が止まらない。

どうしてこんなことになってしまったのだろうか。

牛を育ててきた皆さんにとっても、言葉にならぬ、悲しみ、怒りが収まらないことだろう。

 

私の友人が、「処分」される牛たちを思って「せめて食べてあげることはできないのか」とブログに書いていた。

 

近年見直される「食育」。

肉が、どういうプロセスで、生き物から「商品」となって食卓へと届くのか、いのちを学ぶ試みとして各地の学校で「屠殺」の現場におもむく機会が増えているという。

 

知人に、あるホームページを教えてもらった。

もうじきたべられるぼく

(画面をクリックすると、絵本のように、読み進めていくことが出来ます)

これを読み、感じるところは、さまざまだと思う。

しかし、生活習慣の変化によって、かつて「いただきます」という言葉の生命観からリアリティが見失われている今、「商品としての肉」のきしかたに想像力をひろげる、きっかけになるのではないだろうか。

 

 

 

カテゴリ

コメント(1)

私の長男が、肉が嫌い、エビが食べられない。
アレルギーではなくて、生きているエビをゆでている、「現場」を
見てしまったから。
次男はその光景を知らないから、いまでも、長男の皿からエビを
もらって、おいしそうに食べる。

他の「いのち」をいただいて、生かされている私たち。
だからこそ、よりよく生きる必要がある。

貧困や戦争、争いのない世界の実現のために、
私が今できることを、続けていきたい。

会社の従業員、道場の子供たち、地域のひとたち、
皆きっと分かってくれる。

そのためにも、今日も、一歩先へ、自分が
歩いていこうと思う。

コメントする

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ