住職日記

「長谷寺の住職は現在35世代目。歴史ある寺を守ること、そこから仏教を発信すること、そこが地域に開かれた場となること。課題も夢も山積み。そんな住職の日々と思いをつづります。」

【推薦図書】東日本大震災からの復興覚書

|

私が、3月末に岩手を訪ねたときに、案内をしてくださったミフネ先生のご著書(共著)。

東日本大震災からの復興覚書

「マグニチュード9.0という、日本では観測史上最大となる巨大地震が襲った。1000年に一度と言われるが、その壊滅的な被害と範囲の広さは、これまでわれわれが経験したことのない深刻さである。あまりの甚大な被害のために、復興への処方箋がなかなか描けず、日本は苦悩している。本書は国難を乗り越え、被災地復興のための処方箋を示す、日本再生の書」


東日本大震災からの復興覚書


三舩 康道
1949年岩手県生まれ。千葉大学工学部建築学科卒業。東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。工学博士。技術士(建設部門、総合技術監理部門)。一級建築士。現在、ジェネスプランニング株式会社代表取締役、希望郷いわて文化大使、墨田区災害復興支援組織代表、NPO災害情報センター理事、1995~97年度新潟工科大学教授。国際連合地域開発センター日中防災法比較研究会委員、バンダ・アチェ市復興計画特別防災アドバイザ
ー、見附市防災アドバイザーなどを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)   

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ