住職日記

「長谷寺の住職は現在35世代目。歴史ある寺を守ること、そこから仏教を発信すること、そこが地域に開かれた場となること。課題も夢も山積み。そんな住職の日々と思いをつづります。」

昔の観音堂

|
部屋の片づけをしていたら、こんな写真が。

大正時代から昭和の初めにかけての観音堂です。

観音堂.jpg
そして仁王門と、鐘撞堂。どちらも、屋根の風情がいいですね。

仁王門.jpg

鐘撞堂.jpg
一緒に写っている皆さんの姿もいいですね。

ここに写っている人は、きっとどなたか、地域の長老たちのお父さんやおじいちゃんたちなのでしょう。

もし、これをご覧になって、皆さんのお宅に、古い時代の長谷観音の写真がありましたら、ぜひお知らせください。

昔の境内の姿を、少しでも伝えていきたいですね。

カテゴリ

,

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ