住職日記

「長谷寺の住職は現在35世代目。歴史ある寺を守ること、そこから仏教を発信すること、そこが地域に開かれた場となること。課題も夢も山積み。そんな住職の日々と思いをつづります。」

天気予報好きDNA

|

3月7日 曇りのち雪 時おり吹雪く


亡くなった母親は、なぜかテレビの天気予報が好きでした。

朝、昼、そして晩と、主にNHKニュースの後半にある天気予報をチェックしていました。

 

そして冬なら「ああ、東京は明日寒いわね」とか「あらやだ、長野は本州で一番寒いわよ」とつぶやき、夏なら「見て見て、東京38度ですってよ」とか「まあ、長野でも35度なんて、いやねぇ」とぼやくのです。

 

東京の天気なんて、長野に住んでいるのだかどうでも良さそうなものですが、どういうわけか東京の天気をチェックしてはつぶやいたりぼやいたり。もしかしたら、離れて暮らす仲良しの姉妹たちが東京方面にいたからかもしれませんが、そうやって毎日朝昼晩、天気予報をチェックしていました。

 

思えば、天気予報も細かくなりました。

昔は、かなり大雑把な天気図で、担当の方も、「私の言っていることはあくまで予報ですから」というどこか弱気な感じが漂っていましたが、最近は違いますね。

 

母親の影響か、私も天気予報をしっかり見ています。

とりわけ才色兼備な女性気象予報士が自信満々に伝えているのを楽しみにしているわけですが、実は美しい気象予報士以上に、NHKの週末だけ登場するおじさん予報士の南利幸さんのファンなのです。あの駄じゃれ、おやじギャグがたまりません。なにか、おれも頑張ろう、という気になります。南さんは、地方の一寺院の住職を励ますつもりなど毛頭ないと思いますが、どういうわけか、ほのぼのとして、頑張ろうという気持ちになります。全国には、南さんのささやかな駄じゃれを楽しみにしている人がたくさんいると思います。今後とも、なにげない感じの、ダジャレで私たちをほのぼのと元気にしてください。


wakudamayuko_minamitoshiyuki_201410.jpg

ダジャレを飛ばす気象予報士 南利幸氏」より

私は、母のDNAのお陰で天気予報好きではありますが、予報そのものより、南さんのダジャレやお天気キャスターさんたち手を変え品を変えて気象の魅力を伝えるアイディアが楽しみです。

 

ところで今日の天気予報はと言えば、またまたピタリと当たり、午後から雪になり、夕方を過ぎてからだいぶ降っています。こんなに当たってしまうのも、なんだかつまらない気もしますね。「あ~した天気になぁれ」と下駄でお天気占いをしていた方が、天地自然と気持ちが通っているような気がします。

 

(住職記)

カテゴリ

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ