住職日記

「長谷寺の住職は現在35世代目。歴史ある寺を守ること、そこから仏教を発信すること、そこが地域に開かれた場となること。課題も夢も山積み。そんな住職の日々と思いをつづります。」

いのちのちかい

|

3月11日 晴れ 

 

いのる、ということ。

 

日本語は、その語源をさかのぼると、私たちの祖先の心を今に伝えています。

「いのる」という言葉<やまと言葉>は、「い」と「のり」に別れるそうです。

「い」は、息とか、息吹にもあるように「いのち」を意味する言葉。

「のり」、天皇陛下の「みことのり(詔)」とか、神主さんの「のりと(祝詞)」にみられるように、うそ偽りのない言葉、神仏の前での誓いの言葉、というような意味を持つ言葉だそうです。

 

すると、「いのり」とは、「いのちの誓い」という意味になります。

 

つまり、私たち日本人の祖先は、カミ(神)や死者の魂、祖先の霊の前で、「いのちの選手宣誓」をしていたわけですね。

 

間もなく春の甲子園大会。高校球児の精一杯のプレーを見ることができます。

あの開会式の選手宣誓では、どんなことを誓いますか?

「宣誓、われわれは、スポーツマンシップにのっとり、正々堂々、最後まで全力を尽くして戦うことを誓います」

だいたい、こんな感じですね。

では「いのちの選手宣誓」としてのいのりでは?

 

「せいいっぱい、生きることを誓います!」

そう、誓っているのではないでしょうか。

それが、日本人にとっての、祈り、なのですね。


神仏の前で、祖先の前で、祈るということは、一生懸命、ベストを尽くして、与えられた場所で、限りある命を生きてまいります。

そう誓うこと、それが、いのり。

いのちの祝詞、いのちの誓い。

 

今日は、東日本大震災の七回忌となる祥月命日でした。

幾万の尊い命が失われました。

その犠牲となった一人ひとりの方のみ霊の安らかなることを、祈る私たち。


DSC_5259.JPG

(田老町にて)


それは、犠牲となった方々のみ霊に誓うことなのですね。


「私たちは、せいいっぱい、生きてまいります」と。

 

合掌

(住職記)

カテゴリ

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ