住職日記

「長谷寺の住職は現在35世代目。歴史ある寺を守ること、そこから仏教を発信すること、そこが地域に開かれた場となること。課題も夢も山積み。そんな住職の日々と思いをつづります。」

台風19号

|
この度の台風19号による被害を受けられた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。


早々に、お寺の様子を心配して、お見舞いくださった多くの皆さまには、誠に有り難うございます。


幸いにして、寺には被害はありませんが、当山長谷寺のある長野市篠ノ井塩崎地区におきましても、千曲川の越水に伴う家屋の浸水被害が多数発生し、檀信徒の御家族を始め、多くの方が被災し、大変なご苦労の中にあります。


また長野市、またお隣の千曲市、さらに千曲川流域の地域で広く水害が発生し、5000棟以上のお宅が被災されました。


お寺には被害が発生しませんでしたが、いつもお寺を守ってくださる地域の皆さまが被災したということは、お寺が被災したことと同じこととうけとめ、少しでもお力になれることをしております。


ボランティアをはじめ、さまざまな形でのお力添えなくしては、被災した皆さまの暮らしの再建は出来ないものと思います。


この度の台風災害は誠に広域に及び、国も各地の行政も長い時間をかけた復興事業になると思いますが、多くの皆さまのお力添えを、長野県の被災地にもお寄せいただきますようお願い申し上げます。


新しい画像.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

カテゴリ

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ