住職日記

「長谷寺の住職は現在35世代目。歴史ある寺を守ること、そこから仏教を発信すること、そこが地域に開かれた場となること。課題も夢も山積み。そんな住職の日々と思いをつづります。」

魂が帰ってくるお盆

|

メリカ新大陸の開拓時代のお話です。


ヨーロッパの白人たちがアメリカ大陸に新天地を求めて続々と渡ってきました。


ヨーロッパの人々は競って土地を求めていました。


当時、土地勘のない白人たちは、インディアン(ネイティブ・アメリカン)を道案内のガイドに雇いました。


ある白人たちが、馬車を仕立てて西部の土地を目指して旅を急いでいました。


一刻も早く良い土地を自分のものにしたいと、彼らはインディアンたちを急かせて毎日馬車を走らせました。


昼夜に休むことのない大急ぎの旅です。


ところが、あるところまで来たら、インディアンたちはピタリと馬車を止めてしまい、馬を休ませ焚火を起こして休んでしまいました。


先を急ぐ白人たちははじめ奇異に思いましたが、いつまでたっても動こうとしないので、ついに腹を立て、立て、走れ、と命じます。


しかしインディアンたちは座ったまま。とうとう鉄砲まで使って脅かしますが、彼らはたき火を囲んだままじっと座っています。


白人たちは困り果ててインディアンに尋ねました。


「いったい、どうして動こうとしないのか。我々は急いでいるのだ」。


すると、インディアンの一人がこう答えたそうです。


「旦那さんたちの気持ちはよく分かる。

しかし、旦那さんたちがあんまり急かすものだから、急ぎすぎて魂を置いてきてしまった。

もうじきわしらの魂が追いつくから、それまで少しだけ待ってくれ」。


白人たちは、その言葉を聞いて、何か思い当たることがあったのでしょう。


鉄砲をしまい、インディアンたちと一緒にたき火を囲んで腰を下ろしました。


そして一緒に、彼らの魂が追いつくのを待っていたそうです。



この忙しい現代社会を生きる私たちの魂はどうでしょう。


どこかに置いてきてしまってはいないでしょうか。


ご先祖の魂がお帰りになるお盆。


じっと腰を下ろして、私たちの魂が追いつくのを待ってみませんか。


3f746b9d2f335094e2e458372ca9858c_t.jpeg

カテゴリ

,

2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ