住職日記

「長谷寺の住職は現在35世代目。歴史ある寺を守ること、そこから仏教を発信すること、そこが地域に開かれた場となること。課題も夢も山積み。そんな住職の日々と思いをつづります。」

長谷寺: 2013年6月アーカイブ


さんじょさん2.jpg

いただきますの心

|

ごらん

蜜蜂が花から蜜を採っている

ただその蜜だけを取って

花の色や香りを損なうことがない

お前たち比丘もまた蜜蜂のように食を採るのだよ


プレゼンテーション2.jpg

 

 

うーん、お釈迦さんはかっこいいなぁ

【6/21佐々井師善光寺説法会】

|

6/21佐々井師善光寺説法会】

男一代菩薩道 佐々井秀嶺師説法会 
『立ち上がれ!日本仏教徒』

日時:2013621日(金曜日)
開場1430 開演15001700
( 法要30分 説法60分 質疑応答30)


場所:善光寺大本願 明照殿
   長野県長野市元善町500番地 

 

電話:026-234-0188
お車でお越しの際は大本願駐車場にお停めください。

入場料:無料

ゲスト:山本宗補(フォトジャーナリスト)


主催/佐々井秀嶺資料室準備委員会

https://www.facebook.com/sasaisiryoushitu



事前予約は必要ございません。

他、ご質問ございましたら下記連絡先までお問い合わせください。

問い合わせ取材申し込み:

佐々井秀嶺資料室準備委員会 小林三旅090-4538-2677 mail:sando@mitabi.jp

「篠ノ井って、なんか変」。

駅にたたずむティラノサウルス。

公園のぐにゃぐにゃ遊具。

なかなか姿をみせないシャイなSL

どこかアンバランスでちぐはぐしている。

9876_471676209575848_1199961689_n.jpg












そんな篠ノ井をてくてく歩き、いろんなちぐはぐを見つけながら「ちぐはぐマップ」をつくってみよう!

ちょっと変わった篠ノ井を一緒に探してみませんか?

 

開催日時:2013615日(土)10:0016:00頃(雨天決行)

募集人数:12名(要予約)

参加費:500

集合場所:まちの社交場 暮らしの道具 Orche (オケ)

持ち物:動きやすい服装、飲み物、筆記用具、雨具、カメラ(カメラ付き携帯可)

申し込み方法:「しののい まちの教室」ウェブサイトより、お申し込みください。

 

===

「しののい まちの教室」

※ 来場者分の専用駐車場がございません。

公共交通機関(JR「篠ノ井駅」東口より 駅前通りを東へ徒歩7分)にてお越しいただくか、しののい アスペース( http://www.grn.janis.or.jp/~asupe-su/ )など、近隣コインパーキングをご利用ください。

いのり

|

祈り

 

山尾三省

 

 

南無浄瑠璃光

海の薬師如来

われらの病んだ心身を 癒したまえ

その深い 青の呼吸で 癒したまえ

 

南無浄瑠璃光

山の薬師如来

われらの病んだ欲望を 癒したまえ

その深い 青の呼吸で 癒したまえ

 

南無浄瑠璃光

川の薬師如来

われらの病んだ眠りを 癒したまえ

その深い せせらぎの音に やすらかな枕を 戻したまえ

 

南無浄瑠璃光

われら人の内なる薬師如来

われらの病んだ科学を 癒したまえ

科学をして すべてのいのちに奉仕する 手だてとなしたまえ

 

南無浄瑠璃光

樹木の薬師如来

われらの沈み悲しむ心を 祝わしたまえ

その立ち尽くす 青の姿に

われらもまた静かに 深く立ち尽くすことを 学ばせたまえ

 

(南無浄瑠璃光

風の薬師如来

われらの閉じた呼吸を 解き放ちたまえ

その大いなる 青の道すじに 解き放ちたまえ)

 

(南無浄瑠璃光

虚空なる薬師如来

われらの怖れ乱れる心を 鎮めたまえ

その限りない 青の透明に 鎮めたまえ)

 

南無浄瑠璃光

大地の薬師如来

われらの病んだ文明社会を 癒したまえ

その深い 青の呼吸の あなたご自身を あらわしたまえ

 

オン コロコロ センダリマトウギ ソワカ

アメリカのコメディアンであるジョージ・カーリンさんが愛する妻を亡くしたときに、ボブ・ムーアヘッド牧師の説教を引用し、友人に送ったメールの一部だそうです。子供たちの大好きな「機関車トーマス」のナレーションをしていた方だそうです。


*********
『この時代に生きる 私たちの矛盾』

悲しい出来事が誰かの人生をこんなに変えるとは。
歴史の中で我々の時代の矛盾と言えば・・・

ビルは空高くなったが、人の気は短くなり
高速道路は広くなったが、視野は狭くなり

たくさんお金を使ってはいるが、得るものは少なく
たくさん物を買ってはいるが、
楽しみは少なくなっている

家は大きくなったが、家庭は小さくなり
より便利になったが、以前よりも時間はない

たくさんの学位を持っても、センスは少なく
知識は増えたが、決断することは少ない

専門家は大勢いるが、問題は増えている
薬も増えたが、健康状態は悪くなっている

飲み過ぎ吸い過ぎ浪費し、笑うことは少なく
猛スピードで運転し、すぐ怒り

夜更かしをしすぎて、起きたときは疲れすぎている
読むことは稀で、テレビは長く見るが、
祈ることはとても稀である

持ち物は増えているが、自分の価値は下がっている
喋りすぎ、ほとんど愛さず、
しばしば憎むことさえある

生計のたてかたは学んだが、人生を学んではいない
長生きするようになったが、長らく今を生きていない

月まで行き来できるのに、近所同士の争いは絶えない
世界を支配したが、内世界はどうなのか

前より大きい規模のことはなしえたが、
より良いことはなしえていない

空気を浄化し、魂を汚し
原子核を分裂させられるが、
偏見を取り去ることができない

急ぐことは学んだが、待つことは覚えず
計画は増えたが、成し遂げられていない

たくさん書いているが、学びはせず
情報を手に入れ、多くのコンピューターがあるのに
コミュニケーションはどんどん減っている

ファーストフードで消化は遅く
体は大きいが、人格は小さく

利益に没頭し、人間関係は軽薄になっている
世界平和の時代と言われるのに、家族の争いはたえず

レジャーは増えても、楽しみは少なく
たくさんの食べ物に恵まれても、栄養は少ない

夫婦でかせいでも、離婚も増え
家は良くなったが、家庭は壊れている

忘れないでほしい、
愛する人と過ごす時間を

なぜならその人たちは、
永久にあなたの周りにいるのではないから。

忘れないでほしい、
あなたを尊敬のまなざしで見る人たちに
親切な言葉をかけることを。

なぜならその人たちは、
すぐに大きくなって、
あなたのそばから離れてしまうから。

忘れないでほしい、
すぐそばにいる人を抱きしめることを

あなたが与えることのできる
唯一の宝物で、一円もかからない

忘れないでほしい、
あなたのパートナーや愛する者に
「愛している」と伝えることを

あなたの心からのキスと抱擁は
傷を癒してくれるだろう

忘れないでほしい、
手をつないでその瞬間を愛しむことを

愛し、話し、あなたの心の中にある
かけがえのない思いをわかちあおう

そしていつも心に留めておいて:

人生はどれだけ呼吸し続けるかで決まるのではない
どれだけ心のふるえる時間があるかだ

ジョージ・カーリン

当たり前

|

京都東山の智積院には「利休好みの庭」と称えられる名勝庭園があります。

小堀遠州が築き、運敞(うんしょう)という江戸初期を代表する学僧によって完成されました。

この庭園は李白の「廬山の瀑布を望む」という漢詩の世界を表すとされ、運敞僧正は、ここに廬山より流れくだる美しい瀧を作り、その瀧のそばに一つの石を置きました。

その高さ三尺ほどの白い石は、老人が瀧に向かって合掌しているような姿をして立っていて「羅漢石(らかんせき)」と呼ばれています。

羅漢とは、お釈迦様に憧れ、その説法をいつも聞いてお悟りを開いた方のことです。

この石を羅漢石と呼ぶからには、この羅漢様はその流れ落ちる瀧をお釈迦様と観て、その水の音をお釈迦様の説法として聞いているのです。

流れゆく水がお釈迦様?と不思議に思うかもしれませんが、お釈迦様の悟りの世界、宇宙の真理、ダルマを示す『法』という漢字を思い浮かべてください。

この文字はサンズイ偏に「去」という字からなり、水が高きより低きへと流れ去る様子を表しています。

水が高きより低きへ流れるのは当たり前のことです。

でも、その当たり前の出来事の中に、宇宙の真理=ダルマが現れていることを、この文字は表しているのです。

智積院の羅漢様は、もう何百年もの間、じっとそこに立ち尽くして、流れくだる水にお釈迦様の姿を見、ダルマを見つめ、その説法に耳を澄ましています。

私たちも羅漢様に学び、身の回りにある当たり前の存在や出来事に目を凝らし耳を澄まして、自分にとって大切なものに気づいていきたいものですね。

あなたも一人の羅漢となって、じっと当たり前を見つめ、耳を澄ましてみましょう。

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ