住職日記

「長谷寺の住職は現在35世代目。歴史ある寺を守ること、そこから仏教を発信すること、そこが地域に開かれた場となること。課題も夢も山積み。そんな住職の日々と思いをつづります。」

長谷寺: 2016年4月アーカイブ

御開帳記念イベント

|
御開帳を記念して、「祈りとアート」と題してイベントを開催します。

祈りは、歌となり、踊りとなり、絵画となり、像となりました。

この度の御開帳では、仏画と音楽をひとつの窓口に、私たちの祈りの姿について見つめたいと思います。

あわせて、長谷寺が所蔵する仏像、仏画も特別展示をしております。

現代の宗教芸術家たちの作品や言葉と、伝来するいにしえの宗教芸術との出会いの場ともなる今回の御開帳。

それらのイベントに参加して、みなさんの宗教性の扉も開く新しい気づき、自分との出会いがあるかも知れませんよ。

ぜひお出かけ下さい。

イベント.jpg
イベント2.jpg

チラシのPDFはこちら

イベント案内.pdf

御開帳

|
4月16日より、7年に1度の御開帳が始まりました。

お観音さまが、皆さまのお参りをお待ちしています。

お観音さまとお会いして、温かな『人肌観音』と御縁を結びましょう。

DSC_1586.JPG
回向柱は、御本尊様と五色の綱で結ばれています。

DSC_1591.JPG
深緑の、若葉が目に優しい春の境内。

間もなく、つつじも開いて、境内は春爛漫。

DSC_1593.JPG周辺の畑には、菜の花や、りんごの花、桃の花が満開です。

DSC_1594.JPG
この度の御開帳を記念して、当山の縁起「白助物語」の絵伝が完成しました。

ご参拝の皆さまに、御本尊様との結縁のお参りの前に、お絵解きをしております。

DSC_1579.JPG観音堂の石垣には、絵伝の大きな幕をお作りして、お前断ちの御姿としてお飾りしております。

皆さまのお参りをお待ちしております。

参拝時間

午前10時より午後4時まで

拝観は無料です。



|

長谷寺の境内の桜も今が満開。

DSC_1531.JPG
今日も、境内にはたくさんの方々が、お観音さまに会いにか、桜に会いにか訪れていました。

その様子を拝見していますと、お一人の方も、ご家族や友人たちと一緒の方々も、みな嬉しそうに桜を見上げています。

歌人・与謝野晶子の名歌が思い出されます。

  
   清水へ祇園をよぎる桜月夜今宵逢う人みな美しき


桜というのは、不思議なものです。

誰であれ、その人の心根のうちの、美しいものを零れださせてしまうようです。

明日くらいまでは、枝垂れも満開で皆さんを待ってくれているでしょう。

御開帳にはだいぶ散ってしまっていると思いますが、散りゆく様も、桜は美しいもの。

どうぞ長谷寺の桜に逢いにお出かけください。

そして今日は、御開帳の大塔婆・回向柱も建立されました。

4月16日よりはじまる御開帳の、御本尊様との結縁の依り代となる聖なる柱。


_20160409_152427.JPG
この度も、長野市篠ノ井のダイコク様に御奉納を頂きました。


桜も満開を迎えていよいよ春も本番ですね。

皆さまも御開帳のお観音さまに会いに来てください。

塩小用.jpg





















2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のブログ記事

アーカイブ