住職日記

「長谷寺の住職は現在35世代目。歴史ある寺を守ること、そこから仏教を発信すること、そこが地域に開かれた場となること。課題も夢も山積み。そんな住職の日々と思いをつづります。」

シラスケ物語(長谷観音開山伝説)余録: 2010年1月アーカイブ

長谷観音の開基シラスケさんのお話が落語になった!

聞いてびっくり、笑って納得。

長谷観音のはじめて物語。

  • 長屋の物知り甚兵衛さんとお調子者の熊五郎が、信州長谷観音の昔話で一騒動。
  • 信州長谷観音はいつ、誰が、何のために創ったのか。
  • シラスケとは何者?
  • 親のために1000本の塔婆を建てたって?
  • 善光寺如来が千日の湯に入ったって?
  • 観音さまのお告げで謎の美女と結婚!
  • 美しい妻をめぐって白助と悪代官の知恵比べ。
  • 最強の力士とヨボヨボ爺さん力士の相撲対決やいかに。
  • そして、妻との悲しい別れと人肌観音の秘密とは?
  • 美人の女房と5万石のご利益を目指して、熊五郎が一大決心、その結末やいかに。
  • 長谷寺の開基の縁起を伝える「白助物語」(→詳細はこちら)を、昨年落語家桂七福師匠にお願いして落語にしていただいた。その「ふるさと落語『白助物語』がCDになりました!

    shirasukerakugo2.JPG

    shirasukerakugo.JPG

    放送劇『白助物語』

    | | コメント(2)

    本日、19時40分から、篠ノ井有線放送で、塩崎小学校の放送委員会の皆さんによる放送劇『白助物語』が放送された。

    素晴らしい!

    長い間、地元の人たちの間でも忘れらていたこの長谷寺開創の物語が、この平成の世の子供たちによって見事に演じられた。

    たまたま、昨年の秋、4年生たちが地元を学ぶ授業の一環で長谷寺を訪ねてくれたので、私は「こんな話があるんだよ」と、白助物語を語ってお聞かせしたことがありました。

    それからしばらくすると、放送委員会の先生から電話があって、かくかく云々で、放送劇に仕立てることになりましたよ、という。なんでも、先生は別のお話を台本にしようと考えていたそうであったが、子供たちが「シラスケ物語がいい!」といったというのです。

    嬉しいではありませんか。

    シラスケのお話の素晴らしさを改めて顕彰したい私としては、こんなに感激することはありません。

    しかも、シラスケ役の男の子の見事なシラスケぶり。

    他の役柄の皆さんも、みんなとっても上手でした。

    練習時間がなかったとのことでしたが、さすがは放送委員の皆様です。

    塩崎小学校のみんな、有り難う!

     

     

    2015年7月

          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31  

    アーカイブ