住職日記

「長谷寺の住職は現在35世代目。歴史ある寺を守ること、そこから仏教を発信すること、そこが地域に開かれた場となること。課題も夢も山積み。そんな住職の日々と思いをつづります。」

チベット: 2010年6月アーカイブ

2008年の4月19日のブログに、こんなことを書いた。

---

◇僕の夢

僕は夢見ている。

いつか、ダライ・ラマ14世が善光寺様にお参りにいらっしゃることを。

そして、善光寺一山の和尚様たちを中心にして、日本中のお坊さんや多くの信者、もちろん他宗教の神父さんや信徒さんとともに、あの国宝の大本堂でチベットの解放はもちろん、非暴力と対話に基づく世界平和を祈りたいと。

ダライ・ラマ14世が『お数珠頂戴』をなさってくれたら、どんなに素敵だろうか。

 

来年の御開帳なんか、どうかなあ。 

 

もちろん、来ていただくことだけではなく、チベットの平和的解決こそが、真の夢として描かれ実現されていくべきことである。

 

僕の夢はともかくとして、善光寺様には、宗教的なリーダーとして、今まで以上に慈悲や愛を守り、与え続けて欲しい。

南無善光寺如来

南無阿弥陀仏

 

合掌

---

http://www.hasedera.net/blog/2008/04/post_46.html

---

と、このように書いた「夢」が、実現したのである。

考えてみたら、すげえ。

 

ダライ・ラマ法王210年 6月長野来訪記念        

写真展「1959年ダライ・ラマ法王」

 

ピクチャ 12.png

1959年3月、ダライ・ラマ法王と8万のチベット人が、雪深いヒマラヤ山脈を越え、インドへ亡命。

写真は、59年春、亡命直後にインド・アッサム州テズプール近くのミマサリ地域で撮影された当時最大のチベット難民キャンプの記録写真である。

 

期間:平成22年6月19日(土)から21日(月)まで

時間:10時から5時まで《無料展示》21日は4時まで

場所:地蔵庵 長野市権堂町2275


大きな地図で見る

 

(セントラルスクエア左横・やま茶屋角入る10m)

 

 
主催:写真展「1959年ダライ・ラマ法王」

代表/林久義 

長野事務局(チベットの風

 

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ