住職日記

「長谷寺の住職は現在35世代目。歴史ある寺を守ること、そこから仏教を発信すること、そこが地域に開かれた場となること。課題も夢も山積み。そんな住職の日々と思いをつづります。」

文化活動についての最近のブログ記事

長谷寺でも公演された南インド古典舞踊(バラタナティヤム)の横田ゆうわさんの公演が決定!

皆さん、ぜひお出かけください!

 インド・祈りの舞と語り vol.3

詩聖がうたう再生への賛歌~
踊ることは祈ること。祈ることは踊ること。太古の息吹が今ここに受け継がれる。

期日:2009年10月23日(金)

時間:午後7時~(開場:午後6時30分)

場所:松本市民芸術会館

出演:横田ゆうわ(舞) 久保酎吉(語り)

料金:前売り3,000円 当日3,500円(高校生以下:前売り・当日ともに1,500円)

※チラシはこちらから!→omote_ura.pdf

横田ゆうわさんの言葉。

バラタナティヤムはインド古典舞踊のうちのひとつ。

南インドのタミール・ナドゥで、ヒンドゥー教の神々に祈りを捧げた巫女たちの舞から生まれた伝説の舞踊です。

神の啓示や神話を人々に伝え、それゆえの豊かな感情表現、そして神秘的なバンドジェスチャーが限りなく美しく発展してきました。

その天に舞い地を叩く力強いステップ、

その「幾何学的美」ともいえるボディームーブメント、

それらは宇宙そのものを表しているのです。

まさに踊ることは祈ること。祈ることは踊ること。太古の息吹が今ここに受け継がれる・・・。

長谷観音 篠笛ライブ

|

篠笛奏者、村山二朗さんの「お月見ライブ」が行われました。

虫の音の響く庭で、篠笛とギター、そしてパーカッションの演奏を堪能しました。

途中で、大欅に住み着いているモモンガが、笛の音に反応してわめいていました。

力みのない、演奏者も、ご来場の皆さまも、とてもリラックスした中で、満ちたりた時間を共にすることが出来ました。

「また来年も」という声がたくさんあって嬉しかったです。

 

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ