住職日記

「長谷寺の住職は現在35世代目。歴史ある寺を守ること、そこから仏教を発信すること、そこが地域に開かれた場となること。課題も夢も山積み。そんな住職の日々と思いをつづります。」

住職の独り言: 2015年8月アーカイブ

語り継ぐお盆の心

|

いよいよ8月。

子どもたちは毎日が楽しい夏休み。

 

昨夜は、地元の子供たちがお母さんたちと一緒に、夕方からお参りくださいました。

CLXWViRUkAQXLAF.jpg


怖い話が聞きたい!という子供たちもいたけれど、「本当に怖くなるよ、和尚さんが話すと」というと、だんだん「やっぱいいかな~」となって、お盆のお話しになりました。

 

お釈迦さまと目連尊者のお話しです。

我が子を思う母ごころの深さゆえに餓鬼道に堕ちた目連の母。

その母を救いたいと願う目連の思いにこたえて、お釈迦さまが説いた施し、分かち合いの道。

 

子どもたちには、「目連のママが」と語りかけました。

ママからもらった愛情を、お友だちに分けてあげるんだよ。

 

お母さんからいただいた愛情を、他者に向け、分かち合っていく時、その功徳があの世の母(や祖先)を救い出すばかりでなく、生存競争のこの世でやせ細っていく私たちのうちなる「母心」もまた再生していく。

 

先祖がえってくる時、私たちの善き心も帰ってくる。

 

お盆の心を大切にしていきたいですね。

子どもたちに語り継いでいきたいですね。

 

こんな機会を作ってくれた、地区のママさんたち、ありがとうございました。

2015年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のブログ記事

アーカイブ