住職日記

「長谷寺の住職は現在35世代目。歴史ある寺を守ること、そこから仏教を発信すること、そこが地域に開かれた場となること。課題も夢も山積み。そんな住職の日々と思いをつづります。」

寺暮らし: 2010年6月アーカイブ

工事が進んでいます。

| | コメント(1)

長谷観音の境内では、現在、排水処置を含む参道の整備事業が進められています。

 

3.jpg
山腹にある境内ですから、雨が降ると、山からの水が流れてきたり、また染み出してきて、境内の、ちょうど観音堂へ歩いていくところが「グチャグチャ」になってしまうのが、悩みの種でした。

ただでさえ、長い石段を頑張って登って、ああやっと着いたよ、と観音堂に進むその時になって、足元が「グチャグチャ」なのは、雨水は自然のことだもの、と頭で分かってはいてもやはりガッカリする。

しかも、水はけが悪くて、一度雨が降ると、いつまでもいつまでも水がたまっているし、染み出してくる水も少なくない。

そういう悩みの種を解決したいと願っていたところ、檀家総代さんたち、そして檀家の皆様のご理解をいただいて、排水と参道の整備が実現した。

夏のお祭りが8月9日の夜だから、なんとしてもそれまでには終了したい。

現在、排水のためのアンキョの埋設のための土木工事がすすめられています。

 

2.jpg
だんだん暑くなる毎日で、梅雨も近づいて、現場の工事の皆さんは大変です。

(しかも、私がうっかりして伝えるのを忘れていたので、バックフォーが2度も水道管を・・・・涙)

工事中は、参拝の皆さまに御不便をおかけしますが、夏には整備されて歩きやすくなった参道が完成しますので、しばらくの間お待ち下さい。

南無工事安全

1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4.jpgのサムネール画像

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のブログ記事

アーカイブ