住職日記

「長谷寺の住職は現在35世代目。歴史ある寺を守ること、そこから仏教を発信すること、そこが地域に開かれた場となること。課題も夢も山積み。そんな住職の日々と思いをつづります。」

地域のこと: 2011年1月アーカイブ

故郷を、奪われた人の祈り

|

上野駅の電車の発車ベルの音について、こんな話を聞いた。

たまにしか東京には行かないが、いつの頃だったか、電車の発着の音が昔ながらのベルから音楽のようなものになった。

初めて聞いたときは、何だかよく分からず不思議な気がした。

そんなふうにして、電車の発車のベル音が変わっていく中で、東北方面の電車の発着音だけは変わっていないという。

あるいは、いわゆる「都市伝説」なのかもしれないが、それは遠く故郷を離れて東京で暮らした東北の人たちのご苦労や望郷の思いに敬意を表すため、昔の音のままにしているというのである。

都会の駅は、ふるさとへと通じるのであるが、この話しが本当なら、JRもやるなぁ、と思うのである。

 

 

どこかに帰属する安心がある。

帰属できる場、それを故郷と言うことも出来る。

それが家族や故郷であれば、それはそれでいい。

でも、生まれ育った故郷を失う人も少なくない。

失い方もいろいろある。

自ら出る人、望まないけれども、出ざるを得ない人。または若い時分に何となく出て、そのまま故郷を遠く離れてしまった人。

とりわけ、故郷なるものに拠っている価値観(イエ、血縁、地縁など)によって苦しんだり、傷つけられて故郷を捨てる人にとって、故郷に代わる帰属の場はより恋しいのではないだろうか。

現代の仏教は、いろいろな批判を受けているけれども、この故郷を失ってしまった人への言葉を失っていることに原因があるのではないだろうか。その深い悲しみにより添える言葉も、またそんな恋しさを受け止める場も、持ち合わせていないのではないか。

 

以前、イエス=キリストの言葉としてこれを読んだ時、ひどく印象に残った。

イエスが生まれ故郷に行った時、「大工の子」と言われて敬われなかったことが伝えられている。キリスト教徒にとっても、後世に伝える印象深いエピソードだったのだろう。

預言者というのは、唯一の神の言葉を受け取って人々に伝える人のことであるから、仏教を含めアジアの風土では余り馴染みはないけれども、ため息ともつぶやきともとれるこの言葉は、何となく頷ける。

 

何故なら、私は子供の時、よく迷子になった。

夕方遅くまで遊んでいて、日が暮れても遊んでいるうちに、親が心配し始める。

藁道場

| | コメント(3)

今日は総代さんに「藁(わら)道場」という言葉を教えていただいた。

その昔、雪深いこの季節、外仕事のない農村であるこの地域では、家の中で来る雪解けからの農繁期に備えて藁で縄を縒ったそうだ。

しんしんと雪降る中、家にこもって藁を相手に手作業をするのだが、一人きりであるいは家族だけでやっていても次第に退屈になってくる。

そこで、謡や俳句の得意な人を「師匠」にして、この季節に習ったそうだ。

それを「藁道場」というのだと。

いいなあ。

総代さんが子供の頃には、まだそんな名残があって、冬ともなれば謡の先生(この地域では「おっしゃん」)の家に集まって若い衆もみな小謡を聴いて習っていたとか。

藁を縒りながら、先生が謡い、「弟子」たちも藁が縄になっていくにあわせて少しずつ謡を覚える。

口に馴染む習い方。

こんなのいいなあ。

藁道場、今の時代では、なかなかこういうのはないなあ。

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ