住職日記

「長谷寺の住職は現在35世代目。歴史ある寺を守ること、そこから仏教を発信すること、そこが地域に開かれた場となること。課題も夢も山積み。そんな住職の日々と思いをつづります。」

地域のこと: 2017年11月アーカイブ

11/13 参加者募集】おてらおやつクラブ説明会@善光寺のお知らせ

logo_yoko.jpg

11/13、長野県で初のおてらおやつクラブ説明会を開催します。

今回の会場には、かの有名な長野・善光寺さまをお借りできることに。日々たくさんの方がお参りに訪れる、全国屈指の大寺院です。

善光寺にまつわる有名な故事に、「牛に引かれて善光寺参り」というものがあります。昔、信仰心がなく心が貧しい老婆がいました。彼女が軒下で布をさらしていると、どこからか牛がやって来てその角に布を引っかけて走り出しました。それを見た老婆は腹を立て、その牛を追っていくうちに善光寺にたどり着き、それがきっかけで度々善光寺に参詣するようになります。そうして信仰の道に入った老婆は最後には極楽往生をとげることができた、という言い伝えが由来になっているそうです。そこから転じて「思いがけないご縁に出会い、良い方向へと導かれること」を意味します。

国内の「子どもの貧困問題」は未だに深刻な状況にあります。「この豊かな日本に、貧困問題なんてあるはずがない」という意見も未だ根強いですが、貧困問題は実は身近なところに存在すると知られにくいという所に、課題解決の難しさがあります。貧困問題解決の糸口として、まずはその存在・実態について「知る」ことが大切です。

信仰とは無縁で、それに気付くきっかけもなかった老婆が善光寺で信心を得たように、この説明会では「子どもの貧困問題」の現状・実態について知っていただく一つの契機になればと考えています。そして、説明会に来てくださった皆さまとの出会い・繋がりが、「子どもの貧困問題」の解決に向け歩みを進める大きな力となりますように。

「牛に引かれて善光寺参り」。11/13には善光寺に集い、それぞれができることを一緒に考えてみませんか?
下に詳細を記しますので、ご関心のある方はお読みいただきぜひお申し込みください。

あなたとのご縁を、心からお待ちしています。

以下、説明会詳細

【日時】
2017
1113日(月)
12:30
~ 開場・受付
13:00
~ 開始

【場所】
善光寺 大本願内「明照殿」地下ホール(http://www.daihongan.or.jp/index.html
長野県長野市元善町500番地

【アクセス】
電車の場合
JR
「長野」駅下車、善光寺口駅前よりバスにて「善光寺大門」下車
*長野駅からは、20分間隔で発車し長野市中心市街地を循環する「ぐるりん号」や、15分間隔で善光寺-長野駅を往復する「びんづる号」も出ています。

お車の場合
上越自動車道「須坂・長野東インターチェンジ」または「長野インターチェンジ」より約30分(http://www.daihongan.or.jp/access/index.html#map02
*善光寺大本願の道路を挟んで南側の駐車場をご利用ください。お帰りの際、駐車券を寺務所にご提示いただければ無料処理してくださいます。
ただし、大門の駐車場におとめの場合は無料処理しかねますので、予めご了承ください。

【対象】
どなたでも参加いただけます
*特にお寺関係者(僧侶・寺族など)、 貧困問題に取り組む団体(NPO・行政など)

【参加費】
無料

【申込み方法】
おてらおやつクラブ事務局まで、必ず事前にメールにてお申し込みください
事務局メールアドレス
mail@otera-oyatsu.club

*下記内容をご記載ください。
・参加者氏名
・参加者所属寺院名(宗派)/所属団体名
・参加人数
*説明会に関するお問い合わせも、上記事務局アドレスにお願いいたします。会場の善光寺大本願さまへのお問い合わせはご遠慮ください。

【内容】
・おてらおやつクラブについて説明
・参加寺院から活動報告
・おやつのおすそわけ(発送)体験
・質疑応答

*都合2時間程度を予定しております。
*時間があれば参加者の皆さまと感想を共有します。
*当日、お菓子や食品その他「おすそわけ」できるものがあればご持参ください。


MX-2517FN_20171108_070108_001.jpg

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ