住職日記

「長谷寺の住職は現在35世代目。歴史ある寺を守ること、そこから仏教を発信すること、そこが地域に開かれた場となること。課題も夢も山積み。そんな住職の日々と思いをつづります。」

仏教: 2012年6月アーカイブ

観音さまの歌

|

観音さまの歌


 観音さまほど古来から私たちの国で親しまれてきた仏さまはいらっしゃいません。その救いの心は、長い年月の間に日本人の文化の基層や私たちの心の深いところにまで染み渡り、根づいています。それだけにお寺ばかりでなく、実に様々な場所にまつられたり描かれたりします。


 なかでも、今様といわれる昔の流行歌や和歌、漢詩や俳句などに数多く歌われてまいりました。そうした中からいくつかご紹介したいと思います。古来の人が観音さまに寄せた想いや、今の私たちの心にも通じるものをお感じいただけるかもしれません。じっくりと声に出して読み味わってみてください。

 

●今様(中世の流行歌)

観音深く頼むべし

()(ぜい)の海に船うかべ

沈める衆生(しゅじょう)引き乗せて

菩提(ぼだい)の岸まで漕ぎ渡る



神に触れる

|


神に触れる

 

詩人の山尾三省さんの「森の家」という詩の一節にこんな詩があります。


ご自分の子「閑ちゃん」が生まれたばかりのころの詩です。

 


やわらかな

 

閑ちゃんの体の熱がそのまま膝に伝わり 


嬰児(あかちゃん)とは

 

こんなにも温かなものであったことを 


あらためて思う

aka.jpg


2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のブログ記事

アーカイブ