トップ

文字サイズ設定

本文文字サイズを大きくする 本文文字サイズを小さくする

日本三所 信濃国 長谷観音開山伝説
長谷寺霊験記(奈良長谷寺所蔵 鎌倉時代初期)巻下より
イラストレーション/原山尚久

白助物語イラスト 仁王三十五代、舒明天皇の時代でありました。奈良の長谷寺の御本尊が出現された宝石もまだ世に知られていなかった頃、すなわち本尊さまが顕れるより百年ほど前のことでしたが、信濃国の更級郡にある姨捨山のそばに、允恭天皇の六代目の子孫にあたる白助(しらすけ)の翁(おきな)という男が住んでいました。

 この白助の一族は、かつて都にあって朝廷に仕えていましたが、お祖父さんが仕えていた高貴な方の身に良くないことが起こり、一族は信濃の国に移り住んで貧しい暮らしをしていました。白助は幼くして両親と死に別れ、成長してから後は両親の供養ために、誓いを立てて毎日薪を集めて千日間にわたって清めの湯を沸かし続け、毎日一本ずつ供養の卒塔婆を造り続けたのです。そして今や、白助は千日の湯と千本の卒塔婆という大願を果たすことが出来ました。

 しかしながら、こうした千日の湯と千本の卒塔婆によって両親の菩提を供養したいのですが、白助は僧も知らないし、布施をして僧を招きたくても貧乏でそれも叶いません。何とか供養の法要をしたい白助は、善光寺にお参りをし必死にお祈りをしました。すると七日目の朝になって、突然一人の僧が現れて白助に言いました。『お前の親を思う気持ちは誠に深い。私が行ってお前の願いを叶えよう』。白助は大いに悦んで、僧を更級の家に招き、法要の導師として年来の悲願であった両親の供養を果たしました。

 その僧は法話の中で白助にこう教えました。『お前の願うところを叶えたいなら私の言う通りにしなさい。日本の大和の国(現在の奈良県)の長谷寺という土地は心願成就の霊地である。なぜなら、そこには生身の十一面観世音菩薩がいらっしゃり、いつも人々にご利益をもたらしておるからだ。お前もその山に参詣し、自分自身の現世と来世の幸福と、両親の菩提を祈願すると善いだろう』。

戻る1/5