初詣・厄除け大祭・初観音縁日

新春初護摩供 元旦午前零時より除夜の鐘
元旦午前零時より奉修
初詣護摩祈祷 元旦より5日まで
厄除け大祭 9日(日)/10日(祝)
初観音縁日 17日(月)/18日(火)

※参拝時の受付がスムースになりますので、事前のご予約をおすすめいたします。
 また早めのお申込みをお願い致します。

初詣祈祷お申込みフォーム (元旦より5日まで)

厄除け大祭 (9日(日)/10日(祝)) ・初観音縁日 (17日(月)/18日(火))
祈願お申込みフォーム

申込み用ファックス用紙ダウンロード

感染防止対策について

新型コロナ・ウィルス
感染防止対策に関するご案内とお願い

長谷寺では通常通りに護摩祈祷をいたします。その際、新型コロナウィルスの対策としまして、お堂への入場制限、換気、アルコール消毒などを実施し、皆さまに安心してお参りいただけるようお待ちしております。
ご参拝の皆さまも、マスクの着用、境内各所のアルコール除菌液のご利用、咳エチケットなど、ご理解とご協力をお願いいたします。また下記の通り、密を避けるために事前予約、お札の郵送、分散参拝をおすすめいたします。
今後の感染状況に応じて参拝方法など対応してまいりますので、ご理解ご協力をお願いします。

合掌

1.事前予約のおすすめ
参拝時の受付がスムースになりますので、事前のご予約をおすすめいたします。

※早めのお申込みをお願い致します。
2.入堂制限について
正月三が日は、お堂が混みあう場合には、人数制限を設け、先着順、代表者おひとりのご入場とさせていただきます。
事前予約であっても入堂は当日の先着順とさせていただきますので、 なにとぞご理解をお願いします。
3.郵送のおすすめ
お札のお渡し時の感染予防のため、ご祈祷札の郵送をおすすめ致します。
しっかりとご祈祷して開眼したお札をお届けします。
4.分散参拝のおすすめ

下記日程でご祈祷を行います。
混みあう日程、時間帯を避けての参拝をご検討ください。
午後は比較的すいております。

凡例

△:混みあっております/○:比較的すいております

願意

お護摩は、弘法大師以来、真言密教に伝わる秘法で、清らかな火を焚き、その火中に供物を投じてご本尊さまを供養し、その無尽のご加護を願うものです。
お観音さまの大慈大悲のお心が大火焔となって燃え上がり私たちの願いが清められ、お観音さまの自利利他に叶うのです。
その清浄な火で加持された祈祷札は、お観音さまの御分身として、皆様を守護し、善願を叶え給うのです。
専用申込みフォームまたは、FAX(FAX用紙はこちらからダウンロードしてください)からの事前のお申込みをおすすめ致します。

ご祈祷時間・お護摩祈願料

ご祈祷イメージ画像

初詣

1月1日 ~ 3日
9時・10時・11時・13時・14時・15時・16時
1月4日 ~ 5日
10時・11時・14時・15時

厄除け大祭

1月9日 ~ 10日
10時・11時・14時・15時

初観音縁日

1月17日 ~ 18日
10時・11時・14時・15時

※時間前は大変混み合いますので早めの受付をお願いします。

祈祷札イメージ画像
木札 小護摩
(37cm 札)
伍千円
木札 普通護摩
(40cm 札)
七千円
木札 大護摩
(46cm 札)
壱萬円
木札 大護摩
(52cm 札)
弐萬円
木札 特別大護摩
(58cm 金銀札)
参萬円

祈願後、祈祷札が授与されます。

厄除のおすすめ

【厄年は人生の節目】厄年は一生の大きな節目の年齢です。
災難の無いよう、厄除祈願をして、健康で幸福に過ごせますよう、長谷のお観音様にお願いいたしましょう。
当山では下記の本厄の年齢に加え、その一歳前を前厄、一歳後を後厄とし、厄除をお勧めしています。

令和4年の厄年

※当山では年齢をかぞえるのに、「数え年」をつかいます。

男性
13歳(平成22年生まれ)
25歳(平成10年生まれ)
42歳(昭和56年生まれ)
還 暦(昭和38年生まれ)
女性
13歳(平成22年生まれ)
19歳(平成16年生まれ)
33歳(平成 2年生まれ)
還 暦(昭和38年生まれ)

願いが叶う観音さま

お願い事

  • 家内安全
  • 厄難消除
  • 商売繁昌
  • 病気平癒
  • 八方除け
  • 星厄消除
  • 良縁成就
  • 合格祈願
  • 身体健全
  • 心願成就
  • 交通安全
  • 子宝祈願
  • 安産満足
  • ぼけ封じ
  • 子供安全
  • 家運隆昌
  • 学業成就
  • 必勝祈願
  • 就職成就
  • 事業繁栄
  • 身上安全
  • 災厄消除
  • 旅行安全
  • 方除満足
  • 無病息災
  • 極楽往生
  • 大願成就
  • その他随意

予約のおすすめ