関心事

カテゴリー検索 #寺暮らし

会えぬまま過ぎる5月

会えぬまま過ぎる5月を見上げれば  葉桜きらきら光をかえす 20代の頃に作った短歌ですが、思いがけず、コロナの今を表す歌になりました。 施設や病院にいる家族、遠くにいる家族や友人。大切な人たちに会えないままこの5月も過ぎ […]

花を植える日々

お寺の境内に、毎年少しずつ花を植え続けています。毎年5月は、花を植える日々。 石段の横は、以前は何もないスペースでしたが、10年以上前から宿根草を中心に植えはじめ、今年の5月花壇はこんな感じです。 石段を上がり切って、息 […]

5月の「えんにちカフェ」

毎月18日は、観音さまの縁日。いろいろな願い事をもって来られる方を、できる限りの感染対策をしてお迎えしています。 ご祈祷のあとは、青空の下でお茶のご接待。名づけて、「えんにちカフェ」。毎月、季節に合わせたお茶を選びます。 […]

雨の1日

今日は雨でした。雨の日のお寺は静かです。鳥たちも雨宿りしているのか鳴き声をひそめ、木々の葉に雨が当たる音だけ。ご法事等がなければ訪れる人も少なく、今日はチャイムが3回と電話が2回。境内のツツジを見に来られた方が、柔らかな […]

お寺暮らしを綴ります

こんにちは。このたび寺嫁日記がオープンいたしました。お寺に咲いた花、お寺暮らしのひとコマ、お寺ごはんや縁日のお茶、出会った人・モノ・コト、境内の風景、小さな気づき…。季節によりそうお寺の暮らし。あわただしい日々の中で、お […]

絵解きのお知らせ

どなたでもご参加いただける「釈迦涅槃図の絵解き」のお知らせです。 *日 時  5月22日(土) 10:00~11:30*場 所  グリーンホールミナミ(長野市稲里)*参加費  無料*定員30名(要予約)*申し込み JA虹 […]

桜 ‐1‐

観音に誓って花に死なんかな 長谷寺第二十六世住職慶覺は、書と俳句をよくし、特に俳句については著名な宮本虎杖(こじょう)について研鑽し、師の遺言により「天姥」の号を授かりました。虎杖は一茶と同じころの人で、北信濃一帯で活躍 […]

梅の花が咲きました

この季節は、春近しとはいえ、緑なく境内も寂しい感じです。そんなところへ、この梅はどの花よりも先に赤い花を開いてくれて、お参りの人たちを楽しませてくれています。

長谷寺、秋から初冬へ

信州の里の紅葉も進んでまいりました。   長谷寺の境内も、その周辺も、いよいよ錦秋の葉が風に舞っています。   先日、檀家さんがドローンで観音堂を中心に撮影してくださいました。   深まりゆ […]

サンジョサン

長野市長谷寺で古くからおこなわれる雨乞い祭り「三十三燈籠」の様子。地域では親しみをこめて「サンジョサン」と呼ばれる勇壮なお祭りの様子をご覧ください。

再生の聖地ハツセに学ぶ -再生の決め手-

再生の聖地ハツセに学ぶ -再生の決め手-長谷寺の長谷はそもそもハツセという。漢字を当てれば「果瀬」「泊瀬」「初瀬」と書く。果は果てること、泊はとまること、初ははじまること。終わり、とどまり、始まり――。山深き谷あいの奥の […]

昔の観音堂

部屋の片づけをしていたら、こんな写真が。 大正時代から昭和の初めにかけての観音堂です。 そして仁王門と、鐘撞堂。どちらも、屋根の風情がいいですね。 一緒に写っている皆さんの姿もいいですね。 ここに写っている人は、きっとど […]