関心事

カテゴリー検索 #住職の独り言

我々がこれをやったのだ、と。

佐久総合病院の色平哲郎先生が本を出版された。 その前書きにこんな言葉が紹介されている。 「人々の中へ」   Go to the people   人々の中へ行き 人々と共に住み 人々を愛し […]

観音さまの歌

観音さまの歌  観音さまほど古来から私たちの国で親しまれてきた仏さまはいらっしゃいません。その救いの心は、長い年月の間に日本人の文化の基層や私たちの心の深いところにまで染み渡り、根づいています。それだけにお寺ばかりでなく […]

アメリカンインディアンの教え

 子どもは批判されて育つと、人を責めることを学ぶ。  子どもは憎しみのなかで育つと、人と争うことを学ぶ。  子どもは恐怖のなかで育つと、おどおどした小心者になる。  子どもは憐れみを受けて育つと、自分をかわいそうだとおもうようになる。  子どもはばかにされて育つと、自分を表現できなくなる。  子どもは嫉妬のなかで育つと、人をねたむようになる。  子どもはひけめを感じて育つと、罪悪感を持つようになる。  子どもは辛抱強さを見て育つと、耐えることを学ぶ。  子どもは正直さと公平さを見て育つと、真実と正義を学ぶ。  子どもは励まされて育つと、自信を持つようになる。  子どもはほめられて育つと、人に感謝するようになる。  子どもは存在を認められて育つと、自分が好きになる。  子どもは皆で分け合うのを見て育つと、人に分け与えるようになる。  子どもは努力を認められて育つと、目標を持つようになる。  子どもは静かな落ち着きのあるなかで育つと、平和な心をもつようになる。  子どもは安心感を与えられて育つと、自分や人を信じるようになる。  子どもは親しみに満ちた雰囲気の中で育つと、生きることは楽しいことだと知る。  子どもは周りから受け入れられて育つと、世界中に愛があふれていることを知る。

観音@ハツセ考

観音@ハツセ考風に乗った種が飛来し、異国の大地に根づく。今では珍しくなくなった花が、帰化植物であることを知り意外に思うことがあるように、風景に融け込んでしまった仏教もまた、外来種であり、いつか誰かが持ち込んだものだ。最初 […]

再生の聖地ハツセに学ぶ -再生の決め手-

再生の聖地ハツセに学ぶ -再生の決め手-長谷寺の長谷はそもそもハツセという。漢字を当てれば「果瀬」「泊瀬」「初瀬」と書く。果は果てること、泊はとまること、初ははじまること。終わり、とどまり、始まり――。山深き谷あいの奥の […]

句碑の案内板を奉納いただきました

長谷観音の桜も、本日とうとう開花。 一日おきに晴れと雨が繰り返す今日この頃。長谷観音には、江戸時代からの句碑がいくつか建っています。でも、どれも字が難しくて読めません。読めなければ、ただの石が由緒あり気に建っているだけで […]

思いやりの誕生日に-花つまり-

思いやりの誕生日に–花つまり– 梅が香り、桜が咲き、桃の開く春を迎えると、お釈迦様の誕生日、四月八日がやってきます。暦の妙か、辛い冬が去っていっせいに花々が咲くこの季節に、お釈迦様はお生まれになる […]

謹賀新年

明けましておめでとうございます。 こうして、無事に新しい年を迎えることができましたことに、心から感謝したいと思います。年頭に当たり、お釈迦さまの祈りの言葉をご紹介します。生きとし生けるもののすべてが  安楽で 幸福であり […]

インドに行ってきました

■インドに行ってきました 昨年十一月二十六日より十二月五日まで、国際仏教徒会議(Global Buddhist Congregation 2011)に参加するためインドに行ってまいりました。 この会議は、インドのニューデ […]

昔の観音堂

部屋の片づけをしていたら、こんな写真が。 大正時代から昭和の初めにかけての観音堂です。 そして仁王門と、鐘撞堂。どちらも、屋根の風情がいいですね。 一緒に写っている皆さんの姿もいいですね。 ここに写っている人は、きっとど […]

広野町 修行院(真言宗智山派)復興ブログ

広野町 修行院(真言宗智山派)復興ブログ 『 原発被害からの復興をめざして 』福島第一原発から30キロ圏内にある修行院のブログ被災寺院を支援する有志の方々よりご案内。◆福島県双葉郡広野町の修行院は、震災の大津波で甚大な被 […]

目連のお母さんのこと

母のことを書いてみようと思う。それは遥か二五〇〇年以上も昔の、目連という男とその母、そして釈尊との話である。 その前に触れてみたい唄がある。歌手の中島みゆきさんの「帰省」という唄だ。    帰省   […]