関心事

カテゴリー検索 #住職の独り言

東日本大震災犠牲者百ヶ日慰霊法要 

東日本大震災犠牲者百ヶ日慰霊法要 鎮魂と再生への祈り~般若心経による慰霊法要と法話~ 飛騨千光寺住職 大下大圓師による法話 「心のケア~東北震災支援活動から学ぶ」 ■期日  6月18日(土) ■時間  &nbs […]

白助翁のお墓

我が家の老犬モコの散歩は、長老のお役目となっている。が、70歳を過ぎた長老は、一念発起して、現在、四国八十八箇所を徒歩で巡礼中。したがって、散歩の友不在の現在、老犬は散歩の時刻ともなると『ワンワンワンワンワンワンワンワン […]

チベットのこと 新資料「17箇条の相違」

チベットのこと、忘れないでほしい。   人間は   歴史という時間軸と   土地という間軸の   結合点に生きている (中島岳志)   その「土地」を奪われ、追われている […]

花まつり ~思いやりの誕生日にしよう~

 梅が香り、桜が咲き、桃の開く春を迎えると、お釈迦さまの生日、四月八日がやってきます。暦の妙か、辛い冬が去って、いっせいに花々が咲くこの季節に、お釈迦さまはお生まれになのです。 私たちの仏心もまたそうかもしれません。冬な […]

なにかどこか おかしいというか 気持ち悪い…(友人のつぶやき)

以下は私の友人がブログに書いたものです。 ご一読ください。 ------------- 中東各地で勃発している  facebookやtwitterなどのネットツールを介した  反政府・民主化運動の広ま […]

私の眉が、灰色がかっているのがわかりますか?

ダライ・ラマ法王、中国人有識者とテレビ会議で対話(議事録編) 2011年1月4日、ダライ・ラマ法王と中国人有識者がインターネットを通じて対話するテレビ会議が行なわれた。ダライ・ラマ法王はダラムサラの官邸から参加し、中国人 […]

故郷を、奪われた人の祈り

上野駅の電車の発車ベルの音について、こんな話を聞いた。 たまにしか東京には行かないが、いつの頃だったか、電車の発着の音が昔ながらのベルから音楽のようなものになった。 初めて聞いたときは、何だかよく分からず不思議な気がした […]

故郷から、出る人または出た人、あるいは帰れない人の祈り

どこかに帰属する安心がある。 帰属できる場、それを故郷と言うことも出来る。 それが家族や故郷であれば、それはそれでいい。 でも、生まれ育った故郷を失う人も少なくない。 失い方もいろいろある。 自ら出る人、望まないけれども […]

預言者は、自分の故郷では歓迎されないものだ

以前、イエス=キリストの言葉としてこれを読んだ時、ひどく印象に残った。 イエスが生まれ故郷に行った時、「大工の子」と言われて敬われなかったことが伝えられている。キリスト教徒にとっても、後世に伝える印象深いエピソードだった […]

藁道場

今日は総代さんに「藁(わら)道場」という言葉を教えていただいた。 その昔、雪深いこの季節、外仕事のない農村であるこの地域では、家の中で来る雪解けからの農繁期に備えて藁で縄を縒ったそうだ。 しんしんと雪降る中、家にこもって […]

宮坂宥勝猊下~にんじんのお坊さん~ 御遷化

真言教学のみならず、現代仏教の泰斗、偉大な学僧である宮坂宥勝猊下が御遷化なされた。 世寿90歳。 私は、たまたま宮坂猊下が総本山智積院において能化(管長)として在任中に、5年間本山勤めをさせていただいた。 私は直接接する […]

詩  便所掃除

今朝の朝刊でこんな詩を知った。「トイレの神さま」という歌が昨年はよく聞かれたが、この詩は昔の国鉄の職員さんの体験によるものとか。   僕自身そういう世代であるが、いわゆる「キツイ・汚い・危険」が取り除かれてきた […]