住職日記

「長谷寺の住職は現在35世代目。歴史ある寺を守ること、そこから仏教を発信すること、そこが地域に開かれた場となること。課題も夢も山積み。そんな住職の日々と思いをつづります。」

長谷観音和讃

|

和讃とは、仏さまやその教え、また各地の霊場のありがたいご利益を、親しみやすく、唱えやすい調べによって作られたものです。

奈良県の長谷寺に伝えられる「日本国長谷寺観世音縁起和讃」は、奈良の長谷観音の縁起を伝える江戸時代からの和讃ですが、この中の一節に、当山のことが詠われています。

ご紹介しますので、ぜひお読みください。


奈良長谷寺所伝「大日本國長谷寺觀世音縁起和讃」より

舒明天皇の御宇(ぎょう)とかや             

信濃国の更科に

白介翁(しらすけおきな)といへるあり      

二親(にしん)の菩提を善光寺

阿彌陀如来に祈りしに                         

大和国(やまとのくに)の長谷寺は

諸佛集會の霊地なり                           

かしこに行て持念せば

汝が所願滿つべしと                            

如来の告(つげ)を蒙りて

はるばる尋ね来て見れど                                

更に佛もましまさず

住人もなき山中に                               

光を放つ處あり

其所にて念誦怠らず                           

一夜(あるよ)の夢に生身(しょうしん)の

十一面観世音                                    

感見してより不可思議の

利益に預り富榮へ                              

五萬長者と世に呼れ

彼の観音を造立し                              

新長谷寺と號けけり

翁の願力彌陀如来                             

観音薩埵の擁護にや

千年(ちとせ)の後の今に尚                  

霊験あらたにおはします

以上です。

奈良長谷寺は、真言宗豊山派の総本山であるとともに、奈良時代の昔から、人々の信仰を集めてきた名刹中の名刹、霊場の中の霊場です。


その名刹と信州長谷観音の深いゆかりを伝える和讃。

今は知る人も、唱える人もいなくなってしまったこの和讃ですが、和讃には、観音様に寄せた先人たちの信心が込められていますので、大切に伝えていきたいですね。


カテゴリ

2015年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ