お寺日記

御開帳記念イベント

御開帳を記念して、「祈りとアート」と題してイベントを開催します。 祈りは、歌となり、踊りとなり、絵画となり、像となりました。 この度の御開帳では、仏画と音楽をひとつの窓口に、私たちの祈りの姿について見つめたいと思います。 […]

御開帳

4月16日より、7年に1度の御開帳が始まりました。 お観音さまが、皆さまのお参りをお待ちしています。 お観音さまとお会いして、温かな『人肌観音』と御縁を結びましょう。 回向柱は、御本尊様と五色の綱で結ばれています。 深緑 […]

長谷寺の境内の桜も今が満開。 今日も、境内にはたくさんの方々が、お観音さまに会いにか、桜に会いにか訪れていました。 その様子を拝見していますと、お一人の方も、ご家族や友人たちと一緒の方々も、みな嬉しそうに桜を見上げていま […]

長谷観音からの彼岸の日の出

長谷観音の彼岸の日の出

四門の扉が開く時

四門の扉が開く時 お釈迦様は王子として生まれます。 城の中で栄華と若さを誇り、そのとこしえを讃えられて暮らしていましたが、青年となったある日、初めて城の外に出ます。 先ず東の門を出ると、そこには、しわだらけて腰が曲がりヨ […]

御開帳のご案内

春の御開帳のお知らせポスターです。

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い申し上げます。   皆々様のこの一年が、より善き一日一日でありますよう、ご祈念申し上げます。 御本尊十一面観世音菩薩さまのご加護がありますように、ご祈念 […]

自らをキャンドルとせよ

自らをキャンドルとせよ   師走を迎え、この季節になると街のそこかしこにクリスマスの飾りやライトアップが賑やかです。特に、キャンドル、ろうそくの明かりというのは何とも言えないぬくもりを感じますね。   […]

冬至の頃の贈り物 

冬至の頃の贈り物  12月8日は、お釈迦さまが長い修行の末に悟りを開いた日、成道会(じょうどうえ)です。 この時期の信州の夜明けは冷え込みがぐっと厳しくなって、お布団から出るのも辛くなってまいりますが、朝のお勤めに観音堂 […]

一日暮らし

一日暮らし   師走に入ると気持ちも急いてきますね。 年の瀬を迎えて、一年を振り返りつつ片づけなくてはならないことをあれこれ思うと、つい気持ちが焦ったりして落ち着かなくなります。 それもまた、日本人の一年のリズ […]

同席対面五百生

仏教には、出会いの大切さを示すものが多くあります。 一期一会とか、袖振り合うも多生の縁、挨拶などと言う言葉は、みんな仏教の出会いについての心、心構え、覚悟を表していますね。「たった一度の出会いでも大切に」ということですが […]

身は花とともに落つれども

身は花とともに落つれども 心は香とともに飛ぶ 弘法大師空海 『性霊集』より   私たちは、この世に生まれたからにはいつかは死んでいかなくてはなりません。 昔から、遅れ先立つのはこの世の定めという通りです。 しか […]