住職日記

「長谷寺の住職は現在35世代目。歴史ある寺を守ること、そこから仏教を発信すること、そこが地域に開かれた場となること。課題も夢も山積み。そんな住職の日々と思いをつづります。」

長谷寺、秋から初冬へ

|

信州の里の紅葉も進んでまいりました。

 

長谷寺の境内も、その周辺も、いよいよ錦秋の葉が風に舞っています。

 

先日、檀家さんがドローンで観音堂を中心に撮影してくださいました。

 

深まりゆく秋、そして木枯らしとともに近づく冬。

 

そんな移ろう季節に、小春日和の一日の穏やかな光。

 

空からの長谷観音をご覧ください。




カテゴリ

,

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ