住職日記

「長谷寺の住職は現在35世代目。歴史ある寺を守ること、そこから仏教を発信すること、そこが地域に開かれた場となること。課題も夢も山積み。そんな住職の日々と思いをつづります。」

病み疲れた心と体を癒すみとほけ 薬師如来の詩

|

人の体と心を癒し、生きる力を与える薬師如来の詩です。


じっくり味わいください。


-----


祈り

          山尾三省


南無浄瑠璃光 

海の薬師如来

われらの 病んだ身心を 癒したまえ

その深い 青の呼吸で 癒したまえ


DSC_1083.JPG

 

南無浄瑠璃光 

山の薬師如来

われらの 病んだ欲望を 癒したまえ

その深い 青の呼吸で 癒したまえ


EBP10-39902A.jpg

 

南無浄瑠璃光 

川の薬師如来

われらの 病んだ眠りを 癒したまえ

その深いせせらぎの音に 安らかな枕を戻したまえ


accfb1e81b0df4b3efd08421f0b73b03-1280x853.jpg

 

南無浄瑠璃光 

われら 人の内なる薬師如来

われらの 病んだ科学を 癒したまえ

科学をして すべての生命に奉仕する 手だてとなしたまえ


aka.jpg

 

南無浄瑠璃光 

樹木の薬師如来

われらの 沈み悲しむ心を 祝わしたまえ

樹ち尽くす その青の姿に

われらもまた 深く樹ち尽くすことと 学ばせたまえ


20110912_0947_26_0690w882_h662.jpg

 

南無浄瑠璃光 

風の薬師如来

われらの閉じた呼吸を 解き放ちたまえ

大いなる その青の道すじに 解き放ちたまえ

 

publicdomainq-0015293vya.jpg


南無浄瑠璃光 

虚空なる薬師如来

われらの乱れ恐れる心を 溶かし去りたまえ

その大いなる 青の透明に 溶かし去りたまえ


DSC_0769.JPG

 

南無浄瑠璃光 

大地の薬師如来

われらの病んだ文明社会を 癒したまえ

多様なる 大地なる花々において

単相なる われらの文明社会を 潤したまえ


c0072970_2340530.jpg

 

Om  huru huru  Candari  matangi  Svaha

オーム フルフル チャリンダー

マートンギー スヴァーハー


DSC_0246.JPG

カテゴリ

2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ