関心事

カテゴリー検索 #住職の独り言

工事が進んでいます。

長谷観音の境内では、現在、排水処置を含む参道の整備事業が進められています。 山腹にある境内ですから、雨が降ると、山からの水が流れてきたり、また染み出してきて、境内の、ちょうど観音堂へ歩いていくところが「グチャグチャ」にな […]

大野一雄さん、さようなら

長谷寺で、二度の公演をいただいた舞踏家の大野一雄さんが亡くなられた。 103歳だった。 舞踏について、門外漢の僕としては何も書くことはできないが、大野さんの舞を間近で観ることが出来たのは、素晴らしい思い出となっている。 […]

思いを継いでいく場としての寺

昨日は、先輩のお坊さんの晋山式@軽井沢でした。 法要の最後に、体調を崩しているお父様(先代住職)が車椅子で登場し、声にならない声を振り絞って退任の挨拶をして新住職にエールを贈ったのでした。 50年という長い年月、住職をつ […]

葬式不要論略縁起

「葬式いらない」「戒名いらない」という発言の背景にある意識は、家族とか親戚とか地域という血縁や地縁をベースとする帰属意識から、良かれ悪しかれ自由になった人のものなのだろうし、そのような意識に向けて語りかけられている言葉だ […]

福岡伸一さんのダイエット論

NHKに生物学の福岡伸一さんが出演していた。   と、その前に、私は実は食べるのが早い。 もっとよく噛んだ方が良い、と自分でも思うし、女房にも指弾いや指摘されている。 いただきます、と一緒に食べ始めたら、同席し […]

乱暴な男児のいない不安

やんちゃな子がいない教室は、静かだ。 きっと、教壇からの先生の声は、教室の壁にこだましていつまでも響くだろう。 先生は、さぞかし、やりやすいだろう。 みんないい子、優しくて、思いやりがあって。   やんちゃな子 […]

葬式は、要らない、か?

宗教学者の島田裕巳さんが『葬式は、要らない』という本を出版し売れている(と、今朝の新聞広告に書いてある)。 実はまだ読んでいないから感想や書評というわけではない。 以前、島田さんの「戒名」についての本を読み考えさせられる […]

大横綱でなかったとしても、不世出の大ヒーローである

はっきり申し上げて、私は朝青龍のファンでありました。 身近で接したことがないから、この大横綱には「相撲に対する敬意」がないのか、はたまた「綱をしめるに足る品格」が備わっていないのか知りようがないけれども、テレビで見る限り […]

おっちょこちょい

思い込む、ということがある。 その思い込みに気がついても、いつどの時点でそのように思い込んだのか良くわからないけれども、とにかく確信して行動してしまっていることがある。 今日もそういうことがあった。 ご法事に出かけた。 […]

謹賀新年

あけましておめでとうございます。 南無大悲観世音菩薩 私たちのこの一年が、健やかで、安らぎに満ちたものでありますように。 年頭に、観音さまに、そうお祈りする。 年の初めにあらためて観音さまと縁を結んで、 一日一日を、大切 […]

森獏郎さんと公開対談

もう終わってしまったので宣伝ではありませんが、12日に千曲市の「アートサロン千曲」で、板画家の森獏郎さんと「木喰」をめぐっての対談をしました。 といっても、私は木喰仏についての見識もなく、それについての強い関心を持ってい […]

藤本幸邦老師

篠ノ井円福寺の御先代である藤本幸邦老師が御遷化された。 世壽九十九歳、老衰であったという。 戦後、親とはぐれ孤児となった子、あるいは戦災で親を失った子どもたちを引き取り、寺で育てた。 我が子同様、あるいは我が子以上の愛情 […]