関心事

カテゴリー検索 #

いのり

屋久島の詩人、故・山尾三省さんの詩『祈り』。

この時代に生きる 私たちの矛盾

「この時代に生きる 私たちの矛盾」 アメリカのコメディアンであるジョージ・カーリンさんが愛するを亡くなしたときに、ボブ・ムーアヘッド牧師の説教を引用し、友人に送ったメールの一部だそうです。子供たちの大好きな「機関車トーマス」のナレーションをしていた方だそうです。とても考えさせられます。

当たり前

当たり前に目を凝らし耳を澄ます。

お寺でコンサート 6月8日 17:30~

アフリカ・フランス・日本-音楽の対話-と題し、第五回アフリカ開発会議での演奏を皮切りに日本6ヶ所で演奏をします。長谷寺は6月8日夕刻より。

チベット問題を知る

チベット問題を知るための小冊子『悲・コンパッションvol.4 チベットの炎』

お釈迦さまの誕生日

お釈迦さま降誕会。訪れる春を感じ、咲く花を喜ぶ。そんな「萌す季節」にお釈迦さまの誕生を思う。わかば萌えいづる大地に、ニョキリと新芽が出てくるように、私たちの菩提心の大地に小さな仏が生まれる。その小さな仏心を、我が心の荒地に見つけた宝、かけがえのない無二の宝、天上天下唯一の宝を得たと思って、喜びの甘露を濯ごう。

長谷観音 花便り

長谷観音の桜の開花は、、、もう少しお待ちください。  いま、こんなかんじです。(4月1日撮影)   枝垂れ桜の蕾が、少し開き始めましたね。   桜も観音さまも、皆様のお参りをお待ちしています […]

その中の一人

観音菩薩の本願とは、大悲心によって衆生を救うことであり、大悲とはマハー・カルナーすなわち大いなる同悲同苦の心です。とすれば、羅刹世界に観音さまを呼ぶということは、奪い合いの世界に分かち合いの心、愛や思いやりを呼び覚ます、ということですね。

長谷観音 春分の朝日を浴びよう!

平成25年 3月20日 春分の日 長谷観音の長谷山から春分の朝日をおがもう!

長谷観音の四季

信州長谷観音の四季。開創1400年の法灯を今に伝えて、ご本尊十一面観世音菩薩のあたたかなお心が息づくところ。そこは、泣いていい場所、祈っていい場所。皆さまのご参拝をお待ちしています。

第24回 現代を導く『仏教講座』のご案内

長野市南部、篠ノ井、川中島、信更地域に広がる47ヵ寺の仏教寺院によって構成される「長野市南長野仏教会」です。http://www.mnagano-b.com/ 説明 長野市南長野仏教会は、仏教のこころをもとに、宗派を超えたネットワークで支え合い、心に安らぎといやし、そして生きていく力を与えてくれる文化事業を企画し、安らぎと平和に満ちた地域社会や国づくりに貢献してまいります。