住職日記

「長谷寺の住職は現在35世代目。歴史ある寺を守ること、そこから仏教を発信すること、そこが地域に開かれた場となること。課題も夢も山積み。そんな住職の日々と思いをつづります。」

寿命

|

グリム童話 寿命(じゅみょう)

 あるところで、寿命についての、グリムのお話を知りました。人生80年と言われ、100歳まで生きる人も少なくない時代を迎えましたが、私たち一人ひとりのその長い人生の内実はどうなのでしょう。そう自問すると、長くなったものの、その一日一日の暮らしぶりは、心もとなくなってまいります。

以下に、そのグリムのお話を紹介いたしますのでお読みください。

 

グリム童話 寿命

 

gf01a201503251400.jpg

フォト:bluesbby

 
 むかしむかし、生き物をつくった神さまが、その生き物たちの寿命(じゅみょう)を何年にするか考えていました。
(うーん、30年ぐらいでいいかな?)
 するとそこへロバがやってきて、神さまに言いました。
「神さま、わたくしの寿命は、何年にしていただけましょうか?」
「そうだな。30年ではどうかね?」
 神さまの言葉に、ロバは悲しそうに言いました。
「30年は、長すぎます。
 わたくしは朝から晩まで、重い荷物を運ばなければならないのです。
 そんな暮らしが30年も続くなんて、ひどすぎます。
 どうか寿命を、もう少しおへらしください」
「なるほど」
 そこで神さまは、ロバの寿命を18年にしました。

 ロバが立ち去るとイヌがやってきたので、神さまが聞きました。
「今、生き物の寿命を考えているのだが、お前はどのくらい生きたいのかね?
 ロバは30年では長すぎると言ったが、お前はそれでよかろう」
 するとイヌは、こう答えました。
「わたくしの足は、30年も走れるほどじょうぶではございません。
 それに歯も、10年やそこらで抜けてしまいます。
 走る事も出来ず、かみつく事も出来ない体では、長生きしても仕方がありません」
「なるほど」
 そこで神さまは、イヌの寿命を12年にしました。

 イヌが帰ると、次にサルがやってきました。
「今、生き物の寿命を考えているのだが、お前はどのくらい生きたいのかね?
 ロバやイヌは30年は長すぎると言ったが、お前は30年にしても大丈夫だね」
「いいえ、神さま」
 サルはつらそうに、神さまに言いました。
「わたくしの人生は、いつも人を笑わすためにおかしなイタズラをしたり、変な顔をしたりすることです。
 そんなはずかしい人生が30年も続くなんて、とてもがまん出来ません」
「なるほど」
 そこで神さまは、サルの寿命を20年にしました。

 最後に、人間がやって来ました。
「今、生き物の寿命を考えているのだが、お前はどのくらい生きたいのかね?
 ロバもイヌもサルも30年は長すぎると言ったが、お前は30年でもかまわないね」
 神さまが言うと、人間はがっかりして答えました。
「30年とは、なんて短い寿命でしょう。
 やっと自分の家をたてて、これから人生を楽しもうという時に、なぜ死ななければならないのですか?
 お願いです。もっと寿命をおのばしください」
「なるほど、ではロバがいらないといった12年をたしてやろう」、
「12年をたしても、たったの42年です。それではたりません」
「ではイヌの分の18年も、たしてやろう」
「さらに18年をたしても、たったの60年です。まだまだ、少なすぎます」
「よし、それではサルの分の10年もたしてやろう。これでもう、おしまいだよ」
 神さまはそう言って、人間を帰らせました。

 このようなわけで、人間の寿命は70年となったのです。
 はじめの30年は、人間が元から持っている寿命です。
 人間はその30年間に、子どもをつくって家をたてます。
 次に来るのが、ロバの12年です。
 この12年間は、色々な重荷を背負わされます。
 家族の為に、いっしょうけんめいに働かなくてはなりません。
 そして次に、イヌの18年がやってきます。
 この頃になると足腰が弱くなり、歯も抜けていくのです。
 そして最後に来るのが、サルの10年です。
 だんだんと頭がにぶくなり、笑われるつもりはなくても、おかしな事をして笑われる事があります。
 これが人間の、一生なのです。

 おしまい

 たくさんの童話・昔話を紹介しているウェブサイト「福娘童話集」

カテゴリ

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ