住職日記

「長谷寺の住職は現在35世代目。歴史ある寺を守ること、そこから仏教を発信すること、そこが地域に開かれた場となること。課題も夢も山積み。そんな住職の日々と思いをつづります。」

新しい年の願い

|

和顔施

 

 あなたの

 

 やわらかくなごやかな顔は

 

 わたしの心を

 

 和らげ和やかにしてくれる

 

 そこに観音さまがいる


IMG_7548.jpeg


みなさま、明けましておめでとうございます。


旧年中は何かとお世話になりました。


本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

昨年は台風により私たちの故郷も大きな被害を受けました。


被災された皆さまには心よりお見舞いを申し上げます。


日々に復興を祈念し、皆さまの平安をお祈りしております。

 

今年は「和やかな顔を施す(和顔施)」という仏の願いを「私の願い」として、家族や友人やご縁のある人に接しましょう。


世の中が悪い、政治が悪いとムスッとしているより、ひとまず微笑みましょう。


あなたが微笑めば、それだけ世界に喜びと光がもたらされます。


せっかくの人生です。


せっかくの今日です。


せっかくの今です。


せっかくいただいた命です。


世界と今と命を分けあう家族や友人に、和やかなお顔を差し上げましょう。


そこに観音さまがおいでです。


長谷寺住職 合掌



カテゴリ

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ